いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

世界三大瀑布って何?

こんにちは!

 

 

今日は世界三大瀑布について紹介したいと思います!

 

瀑布とは、高い所から白い布を垂らしたように、直下する水の流れという意味で、主に滝のことを指します。

 

そんな数ある滝の中で、世界三大瀑布に選ばれたのは、

イグアスの滝

ヴィクトリアの滝

ナイアガラの滝

の3つの滝です。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

イグアスの滝

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200323122018j:image

 

 

イグアスの滝とは、スペイン語では Cataratas del Iguazú。

パラナ川左岸支流、ブラジルとアルゼンチンとの国境をなすイグアス川下流部にかかる滝。

パラナ川との合流点より約 20km上流、イグアス川玄武岩質溶岩から成るパラナ高原から「悪魔ののど」と呼ばれる峡谷に流下するところに形成されたもので、馬蹄形をなす断崖に幅約 4kmにわたってかかり、落差は 60~82m。

高原縁辺の小島や断崖から突出した岩棚によって河水は 270以上の滝に分れて落下、落下地点から立ちのぼる水煙は高さ 150m以上に達し、虹がかかって美しい光景を出現させている。

河中を含め周辺一帯にはラン、マツ、タケ、ヤシ、ツタ、ベゴニアなど多種の植物が茂り、岩棚には滝や急流の中にしか生育しないカワゴケソウ科の植物もみられる。

幅、落差とも北アメリカのナイアガラ瀑布をしのぐ大規模な滝で、毎秒の流量は年平均約 1756㎥、11月~3月の雨季には最大1万 2750㎥と膨大な包蔵水力をもつが、現在までのところおもに観光資源として利用されており、両国とも滝を中心とした一帯をイグアス国立公園に指定している。

パラナ川の水運あるいは空路で訪れる観光客が多い。

1541年この滝を訪れたスペイン人がサンタマリア滝と名づけたが、その後再び先住民であるインディオグアラニ族の言葉で「大きな水」を意味するイグアスの名で呼ばれるようになった。

18世紀にはイエズス会の宣教師によって調査が始められたが、まもなく中断、滝の地形図が完成したのは 1892年になってからである。

 

 

 

 

 

ヴィクトリアの滝

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200323122035j:image

 

 

ヴィクトリアの滝とは、アフリカ大陸南部を流れるザンベジ川中流にある滝。

ザンビアジンバブエの国境に位置。

ナイアガラ瀑布の約2倍の規模で、幅は約 1700m、最大落差 108mで世界最大級。

落ち口に島があって、ビクトリアフォールズ (ジンバブエ) とマラムバ (ザンビア) 間を結ぶ鉄橋がかかっている。

1855年 D.リビングストンが到達し、ビクトリア女王にちなんで命名

1938年建設の発電所がある。

1989年世界遺産の自然遺産に登録。

 

 

 

 

 

ナイアガラの滝

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200323122048j:image

カナダ滝

 

f:id:mudachishiki4510:20200323122234j:image

アメリカ滝

 

f:id:mudachishiki4510:20200323122243j:image

ブライダルベール滝

 

 

ナイアガラの滝とは、アメリカ合衆国北東部、ニューヨーク州とカナダのオンタリオ州との境にある瀑布で、世界的に知られている名勝。

ナイアガラ川の中間にあるゴート島をはさんでカナダ側がホースシュー瀑布 (カナダ滝) で、その落差 48m、幅は約 800mある。

アメリカ瀑布 (滝) は、落差 51m、幅は約 300mである。

雄大な景観に恵まれ、交通や宿泊施設も完備し、年間の観光客は 400万をこす。

水力発電に利用され、電力は付近のアルミニウム、カーボランダム、黒鉛、液体塩素などの工場や周辺の都市で消費される。

 

※カーボランダムとは、炭化ケイ素の通称。

E.G.アチソンが人工ダイヤモンドを得る目的で実験中に発見した (1891) 。

当初は商品名であった。

ケイ砂とコークスを混合強熱 (約 2000℃) してつくる。

ダイヤモンドに次ぐ硬さと高融点をもち、薬品に侵されにくく、熱、電気はややよく伝える。

これらの特性のため、砥石材料、研磨材、化学工業用ライナ (被覆材) 、耐熱ライナ、電気炉の抵抗発熱体などにつくられる。

原料は粉状なので、砥石では熱硬化性樹脂などで成形し、高温用には焼結成形する。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

どの滝も日本の滝に比べて、幅がとても広い印象を受けました。

日本三名瀑の中の那智の滝華厳の滝は、1ヶ所から落ちていくイメージなので、滝それぞれに大きな特徴があることを知りました。

滝を見るのは大好きなので、1度行ってみたいと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

日本三名瀑はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/03/14/193006

 

 

日本三大ダムこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/03/25/135116

 

 

日本三大湖はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/05/05/125950

 

 

世界三大河川はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/03/10/113145

 

 

世界三大運河はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/05/03/120235

 

 

日本三大河川はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/04/29/104820

 

 

日本三大暴れ川はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/03/20/125554

 

 

日本三大渓谷はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/04/07/181748