いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

日本三大川祭りって何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、日本三大川祭りについて紹介したいと思います!

 

日本三大川祭りに選ばれたのは、

天神祭大阪天満宮)(大阪府大阪市

管絃祭(厳島神社)(広島県廿日市市

尾張津島天王祭(津島神社)(愛知県津島市

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

天神祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210303072108j:image

 

 

天神祭とは、大阪府大阪市北区天神橋に鎮座する天満宮の例祭。

毎年7月24、25日に行われる。

室町時代には旧暦7月7日の祭りだったが、江戸時代に旧暦6月24、25日に行われるようになった。

社伝によれば、天暦5年(951年)の6月1日または6月晦日に、社頭の浜から鉾を流して流れ着いた場所で禊を行い、それを神領民等が船を出して迎えたのが始まりとされる。

24日の朝、夏越祓の神事に続いて行われる地元小学生から選ばれた神童が神鉾を川に流す鉾流神事は、この起源伝承を再現する神事で、天神祭の開幕を告げる行事として知られる。

本祭りは25日で、15時30分頃に、真紅の投頭巾を被った太鼓打ちの男達による催太鼓の先導で、神鉾や鳳輦が神社から大川(旧淀川)の天神橋まで渡御する陸渡御が行われる。

天神橋からは上流に向かって船渡御となり、途中で川の上流から下流に向けて出発した氏子達の奉拝船と出会い、19時頃に船上祭が行われる。

本来の船渡御は下流にある御旅所に向かって行われ、それを奉拝船が出迎えていた。

この鳳輦の渡御を中心とする行事に、軽快な地車囃子を奏でる地車や、獅子舞、傘踊りの奉納等が加わって賑わう。

また、元禄年間(1688~1704年)以降、奉拝船に飾られる武者人形等の御迎え人形が見所の1つとなり、船に飾られなくなった今日も人形だけの展示が行われている。

 

 

 

 

 

管絃祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210303072129j:image

 

 

管絃祭とは、広島県廿日市市厳島神社で旧暦6月17日に行われる海上渡御の祭り。

平安貴族達が邸内の池や川に船を浮かべて管弦を奏していたのを、平清盛が神慮を慰める為に厳島神社に移したのが始まりと伝わる。

16時に出御祭があり、大鳥居前から、御鳳輦を乗せた御座船が呉市阿賀町と広島市江波町の船に曳航されて出発し、管弦を奏しながら対岸の地御前神社に向かう。

途中、御迎船に導かれて地御前神社に着くと神事と管弦があり、その後島に戻って、長浜神社、大元神社、本社前、客人神社の各所で管弦を奏で、深夜に還御となる。

管弦は、三絃(和琴、琵琶、箏)、三鼓(羯鼓、太鼓、鉦鼓)、三管(笙、笳、笛)を用いて合奏し、唐楽、催馬楽、朗詠等を奏でる。

 

 

 

 

 

尾張津島天王祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210303072148j:image

 

 

尾張津島天王祭とは、愛知県津島市神明町津島神社の祭り。

元は旧暦6月14~15日に行われたが、今日では7月第4土曜日・日曜日に行われている。

津島神社は元は津島牛頭天王社と呼ばれた牛頭天王の神社であることから、天王祭の名がある。

初日の宵祭では神輿が天王川の御旅所に渡御し、365個の小提灯を傘状に付けた津島五車と呼ばれる5地区の巻藁船(車楽舟)が夜の天王川公園を御旅所へ漕ぎ寄せる。

翌朝の朝祭には、鉾持ち10人を乗せた市江車に先導されて、昨夜とは変わり能人形を乗せた津島五車が御旅所に向かう。

御旅所に着く手前で、市江車の鉾持ちが次々と川に飛び込んで、御旅所に鉾を奉納する。

その後、神輿還御となり、次の日の朝、神葭を流して災厄退散を祈る神葭放流神事が天王川でひっそりと行われる。

尾張津島天王祭の車楽舟行事として国の重要無形民俗文化財に指定されており、2016年に「山・鉾・屋台行事」の1つとして国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の世界無形遺産に登録された。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

天神祭は知っていましたが、他の2つは知りませんでした。

まだまだ知らない祭りが沢山あるのだなと改めて実感しました。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

日本三大三大盆踊りって何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、日本三大盆踊りについて紹介したいと思います!

 

日本三大盆踊りに選ばれたのは、

阿波踊り徳島県

西馬音内の盆踊り(にしもないのぼんおどり)(秋田県羽後町)

郡上踊り(ぐじょうおどり)(岐阜県郡上市

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

阿波踊り

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210302080152j:image

 

 

阿波踊りとは、徳島県徳島市周辺で行われる盆踊り。

8月の盆に合わせて踊られる。

最も大規模な徳島市の阿波踊は毎年8月12~15日に行われる。

男性は半纏や浴衣、手拭の頬被りに白足袋、女性は浴衣に鳥追い笠と呼ばれる編笠、下駄履き姿で、連と呼ばれるグループを組み、腰を落とし両手足を交互に突き出すようにして踊る。

踊りの基本は、三味線、鉦、太鼓、締太鼓、鼓、笛が奏でる2拍子の軽快なリズムによる「ぞめき」で、それに「踊る阿呆に見る阿呆」等の「よしこの」と呼ばれる歌が伴う。

「ぞめき」は騒がしいことを意味し、派手に浮かれた賑やかな踊りの呼び名で、江戸時代以来の盆踊の要素と考えられている。

一方、「よしこの」は江戸時代後期に東海から関西にかけて流行した歌で、大正時代中頃には阿波踊りの歌は「よしこの」だけとなった。

天正13年(1585年)、徳島城築城の祝いに城主蜂須賀氏が城下の者に無礼講で踊らせたのに始まると伝わるが、今日の阿波踊の形が作られたのは文化・文政年間(1804~1830年)頃と考えられている。

徳島市阿波踊りは、東京都の東京高円寺阿波踊りを始めとして、全国各地に広まっている。

 

 

 

 

 

西馬音内の盆踊り

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210302080212j:image

 

 

西馬音内の盆踊りとは、秋田県羽後町の中心集落、西馬音内の本町通りで、毎年8月16~18日の晩に行われる盆踊り。

かつては旧暦7月16~20日に行われていた。

正応年間(1288~1293年)に源親という修行僧が蔵王権現御嶽神社)を勧請し豊作祈願として踊ったのが始まりとも、慶長6年(1601年)に滅んだ西馬音内城主小野寺一族を偲んで家臣たちが宝泉寺で踊った亡者踊りが始まりとも言われ、天明年間(1781~1789年)に本町通りで踊るようになったとされる。

踊りの開始を告げるのは寄せ太鼓で,次いで笛、鉦と大太鼓、小太鼓、鼓、三味線を調子良く奏で、地口と呼ばれる即興的な歌に合わせて踊る音頭、とり音頭となり、夜が更けると一転して哀調を帯びた囃子に変わり、優雅な甚句に合わせて踊るがんけとなる。

踊り手は、男性は浴衣に角帯を締めて腰に瓢箪を吊るし、女性は端縫いの着物や浴衣に鳥追笠(編み笠)、または藍染の浴衣に彦三頭巾と呼ばれる黒覆面で顔を覆った姿を取る。

彦三頭巾の踊り手は亡者の姿を表すとされていることから、亡者踊りの名もある。

1981年、国の重要無形民俗文化財に指定された。

 

 

 

 

 

郡上踊り

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210302080237j:image

 

 

郡上踊りとは、岐阜県郡上市八幡町で、毎年8月13~16日の盆期間 4日間を中心として、32夜に渡って踊られる盆踊り。

江戸時代に、藩主が士農工商の各身分の融和を図る為に近隣の盆踊を城下に集め、盆の4日間は無礼講で踊るよう奨励したことに始まると伝えられ、約400年続いていると言われる。

7月15日の踊り発祥祭に始まり、9月9日に踊り納めとなっていたが、今日は7月中旬の土曜日に踊り発祥祭があり、9月上旬の土曜日に踊り納めとなっている。

その間、盆の4日間に毎晩8時から翌朝5時頃まで踊り明かす徹夜踊りと、各地区の祭りや行事の日に合わせて踊る縁日踊りが行われる。

踊りの曲は、『古調かわさき』『かわさき』『三百』『春駒』『ヤッチク』『げんげんばらばら』『猫の子』『甚句』『さわぎ』『まつさか』の 10曲あり、誰でも踊りに参加できる。

徹夜踊りの際には、踊り保存会員が一般の踊り手を審査して、上手な踊り手に後で免許状と引き換える木札を手渡す。

様々な仮装をして踊る変装踊りもある。

1996年、国の重要無形民俗文化財に指定された。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

日本には、様々な盆踊りが存在するのですね。

私は、盆踊りには詳しく無いので、阿波踊りしか知りませんでした。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

日本三大曳山祭って何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、日本三大曳山祭について紹介したいと思います!

曳山とは、飾り物を据えた山車のことです。

これは、日本三大美祭とも言われます。

 

日本三大曳山祭に選ばれたのは、

高山祭岐阜県高山市

秩父夜祭ちちぶよまつり)(埼玉県秩父市

祇園祭京都府京都市

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

高山祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210301072414j:image

 

 

高山祭とは、岐阜県高山市日枝神社山王祭と呼ばれる春祭り(4月14~15日)と、桜山八幡宮の八幡祭と呼ばれる秋祭り(10月9~10日)。

高山の町は、川を境に南は山王社(日枝神社)の氏子、北は桜山八幡(八幡神社)の氏子となっている。

それぞれの祭りには、からくり人形等が乗り「動く陽明門」とも称される豪華な屋台が、春は12基、秋は11基出され、氏子区域を引き回されることで知られる。

どちらの祭りでも、屋台行列の先頭には神楽台と呼ばれる太鼓を載せた屋台が進み、囃子を奏する。

それぞれの神社から出る神輿の行列も特色があり、徳兵衛獅子と呼ばれる獅子舞や、鉦と締太鼓の音頭からカンカコカンの名で親しまれている闘鶏楽と言った、飛騨地方独特の芸能を見ることができる。

屋台行事は国の重要無形民俗文化財に指定されており、2016年、「山・鉾・屋台行事」の1つとして、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の世界無形遺産に登録された。

 

 

 

 

 

秩父夜祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210301072434j:image

 

 

秩父夜祭とは、埼玉県秩父市秩父神社で12月3日に行われる例祭。

午前中の例祭の後、夜に神輿や神馬等の神社の行列に続いて、秩父旧市内各町から出された屋台と笠鉾が神社から「お花畑」の御旅所に向かう。

屋台は4台で、近世以来の町場である宮地、上町、中町、本町が出し,笠鉾は2台で、農村部だった中近と下郷が出す。

屋台を出す町は、毎年順番で屋台に張り出し舞台を付けて歌舞伎を上演する。

笠鉾は、土台から長い柱を立てて3層の笠を掛け、上部から花飾りを放射状に付けたもので、神の依代としての性格を持つ。

笠鉾の花飾りは、五穀豊穣の守りともされている。

屋台行事は、秩父神社の神楽とともに国の重要無形民俗文化財に指定されており、2016年、「山・鉾・屋台行事」の1つとして、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の世界無形遺産に登録された。

 

 

 

 

 

祇園祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210301072456j:image

 

 

祇園祭とは、京都府京都市南東部、東山区に鎮座する八坂神社の例祭。

7月1日の吉符入から31日の境内社疫神社の夏越祓まで 1ヶ月に渡る大祭で、17日の33基の山鉾巡行で知られる。

もとは旧暦6月の祭りで、祇園御霊会または祇園会と呼ばれてきた。

御霊会とは、この世に恨みを残して亡くなり疫病等の祟りを起こすと考えられた死者の霊(御霊)を鎮める祭りで、社伝によると、清和天皇貞観11年(869年)に疫病の流行を鎮める為に日本中の国数と同じ66本の鉾を立てて牛頭天王を祀り、神泉苑に神輿渡御を行ったのが始まりとされる。

平安時代には神輿の御旅所への渡御とそれに供奉する田楽等の行列の祭りであったが、室町時代初期頃に山や鉾が登場し始め、江戸時代には33基の山鉾に固定した。

祭りは3基の神輿が四条御旅所に渡御する17日夕刻の神幸祭と、神輿がそれぞれ別の経路で還御する24日夕刻の還幸祭を中心に行われ、17日の午前中に山鉾巡行、24日の午前中に花傘巡行がある。

17日(旧暦 6月7日)を前祭、24日(旧暦 6月14日)を後祭と呼び、山鉾は前祭に23基、後祭に10基と分かれて巡行していたが、1966年以降前祭に全ての山鉾が巡行し、後祭には花傘巡行を行うようになった。

山鉾巡行の前夜(宵山)には、各山鉾町内の旧家で通りに面して屏風を並べる習慣があり、屏風祭の名がある。

山鉾行事は1979年に国の重要無形民俗文化財に指定され、2009年には国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の世界無形遺産に登録されたが、2016年に「山・鉾・屋台行事」の1つとして、他の32の祭りとともに一括登録された。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

高山祭秩父夜祭は、知りませんでした。

祭りに関しては、あまり詳しくないので、これから勉強していきたいと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

大学群のリベラルアーツ5学園って何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、大学群リベラルアーツ5学園について紹介したいと思います!

 

リベラルアーツ5学園とは、

学習院大学

成蹊大学

成城大学

武蔵大学

甲南大学

の5つの大学です。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

学習院大学

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210228104135j:image

 

 

学習院大学とは、私立大学。

1949年、学習院を母体として開学し、文政学部と理学部を置いた。

1952年、文政学部を改組して政経学部と文学部を開設。

1964年、政経学部を改組して法学部と経済学部を増設。

2016年、国際社会科学部を新設。

1953年、大学院を開設。

東洋文化研究所、史料館等を併設する。

所在地は東京都豊島区。

 

 

 

 

 

成蹊大学

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210228104245j:image

 

 

成蹊大学とは、私立大学。

1906年、中村春二の創設した私塾成蹊園を起源とする。

1912年の成蹊実務学校、1925年の成蹊高等学校(7年制)開設を経て、1949年に4年制大学となり、政治経済学部を置いた。

1962年、工学部、1965年、文学部を設置。

1968年、政治経済学部を改組し、経済学部と法学部を設置。

2005年、工学部を改組し、理工学部を開設。

2020年、経済学部経済経営学科を改組し、経済学部と経営学部を設置。

入学定員は1588人(2007年) 。

1966年に大学院を設置。

アジア太平洋研究センター等を付設。

所在地は東京都武蔵野市

 

 

 

 

 

成城大学

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210228104439j:image

 

 

成城大学とは、私立大学。

1917年、沢柳政太郎によって創立された成城小学校に始まって、1922年に成城第二中学校、1926年に7年制の成城高等学校、1927年に成城高等女学校を開設。

これらを基礎として、1950年に4年制大学として開学。

経済学部、理学部(1954年廃止)の2学部を置いた。

1954年、文芸学部と短期大学部(2007年廃止)、1977年、法学部、2005年、社会イノベーション学部をそれぞれ増設。

1967年、大学院を設置。

所在地は東京都世田谷区。

 

 

 

 

 

武蔵大学

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210228104531j:image

 

 

武蔵大学とは、私立大学。

1921年根津嘉一郎によって創設された旧制武蔵高等学校(日本最初の7年制高等学校)を前身として、1949年に経済学部のみの単科大学として発足。

1969年に人文学部、1997年に社会学部を増設、3学部構成となる。

入学定員は 930名(1997年)。

1969年に大学院を設置。

東京都練馬区豊玉上にある。

 

 

 

 

 

甲南大学

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210228104732j:image

 

 

甲南大学とは、私立大学。

1918年関西財界の田辺貞吉、平生釟三郎らによって設立され、翌1919年に開校した甲南中学校が前身。

1923年に7年制高等学校である甲南高等学校となり、1951年に文理学部のみの新制大学に移行。

1952年、経済学部開設。

1957年、文理学部を文学部、理学部(2001年理工学部に名称変更)へと改組。

1960年、法学部、経営学部を増設。

2008年、知能情報学部、2009年、マネジメント創造学部、フロンティアサイエンス学部を開設。

1964年、大学院を設置。

所在地は兵庫県神戸市。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

甲南大学だけ、西日本の大学ですね。

リベラルアーツ5学園で、このように連携していることは初めて知りました。

確かに、武蔵大学は、リベラルアーツを重んじている印象があります。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

日本三大御柱って何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、日本三大御柱について紹介したいと思います!

 

日本三大御柱に選ばれたのは、

出雲大社(出雲の大黒柱)(島根県出雲市

伊勢神宮(伊勢の心の御柱)(三重県伊勢市

諏訪大社(諏訪の御柱)(長野県諏訪市茅野市下諏訪町

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

出雲大社

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210227111348j:image

 

 

出雲大社とは、島根県出雲市に鎮座する元官幣大社

主神はオオクニヌシノミコト。

客神として、アメノミナカヌシノカミ、タカミムスビノカミ、カミムスビノカミ、ウマシアシカビヒコジノミコト、アメノトコタチノカミの5神を祀る。

創立は神話時代に遡る。

杵築大社とも言う。

現在の本殿は延享1年(1744年)の造り替えであるが、古代の神社建築様式を最も純粋に伝える。

社殿の平面は方2間、高床の切妻造、妻入りで階段や入口を向かって右側に片寄せる。

内部は中央に特に太い柱が立ち、前後2室に分かれ、奥に内殿を置く。

この内部構造が古代住宅建築の形式を残すものとして特に重要視される。

例祭5月14~16日。

 

 

 

 

 

伊勢神宮

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210227111624j:image

 

 

伊勢神宮とは、三重県伊勢市所在の皇大神宮(内宮。祭神アマテラスオオミカミ)と豊受大神宮(外宮。祭神トユケノオオカミ)両社の総称。

伊勢大神宮、大神宮とも言うが、正式には単に神宮と言う。

創立は4世紀初頭。

内宮は崇神天皇の時に、代々宮中に祀ってきた八咫鏡を大和の笠縫邑に移し、更に垂仁天皇の時に、五十鈴川上流の現在地に社を造営したのが起源と言われる。

外宮は古名を度会宮とも言い、雄略天皇の時にトユケノオオカミを丹波国から移したことに始まるとされる。

皇祖神の宗廟として皇室から最高の尊崇を受け、後醍醐天皇の時までは代々皇女を斎宮として奉仕させた。

神嘗祭(かんなめさい。外宮10月16日、内宮10月17日)をはじめとする諸例祭は、大宝律令延喜式以来の古儀を良く保存している。

社殿を20年毎に造り替える「式年造替」の制があり、それに伴って遷宮が行われる。古制が完全に継承されており、2013年10月に第62回遷宮の儀式が行われた。

正殿は檜の素木を用い、規模の大きい唯一神明造で、切妻造の平入り、柱は掘立柱、屋根は茅葺き、回縁で正面に階段がある。

棟の両端に千木が高く聳え、棟木の上に堅魚木を載せる。

仏教渡来以前の古い日本建築の形式を示す。

神宝、古文書等は付属の徴古館、神宮文庫に収納。

このうち『玉篇巻第廿二』は国宝に指定されている。

 

 

 

 

 

諏訪大社

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210227111655j:image

 

 

諏訪大社とは、長野県諏訪地方に鎮座する元官幣大社

上社は諏訪市中洲、下社は諏訪郡下諏訪町に鎮座する。

祭神は上社はタケミナカタトミノミコト、ヤサカトメノミコトで下社には2神の他にコトシロヌシノミコトを配祀する。

狩猟、農耕、武事の神として信仰される。

信濃一の宮

例祭は上社4月15日、下社8月1日。

例祭の他に6年目毎に行われる御柱祭は有名。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

この中だと、諏訪大社が少しマイナーでしょうか?

諏訪湖という湖も同じ長野県にありますね。

私は、出雲大社だけ行ったことがないので、今度行ってみたいと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!