いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

日本三大女優って誰?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、日本三大女優について紹介したいと思います!

 

日本三大女優に選ばれたのは、

水谷八重子(みずたにやえこ)(初代)

山田五十鈴(やまだいすず)

杉村春子

の3人です。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

水谷八重子(初代)

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210516104334j:image

 

 

水谷八重子(初代)とは、女優。

時計商の娘に生まれ、1913年9月、義兄水谷竹紫の縁で、芸術座創立公演『内部』に群衆の子役として初舞台。

1920年2月、双葉高等女学校在学中に民衆座『青い鳥』のチルチルを演じ、清新な演技で好評、新派の井上正夫に認められ、後に日活映画『寒椿』等で共演する機縁となった。

同年12月、友田恭助の師走会(わかもの座)に参加。

1924年2月、竹紫のバックアップで第2次芸術座を再興。

1928年10月、松竹と契約、芸術座を率いて正式に新派に参加。

第2次世界大戦中は移動演劇に従事、戦後は新派大合同の機運に促されて、1949年、劇団新派に結集、花柳章太郎の相手役として活躍する一方、『蝶々夫人』『息子の青春』等で新境地を開く意欲を見せた。

花柳の没(1965年)後は、一座の座頭の重責にあった。

容姿に恵まれ『大尉の娘』の露、『金色夜叉』の宮、『鶴八鶴次郎』の鶴八、『皇女和の宮』等、当たり役は多い。

1956年、日本芸術院賞受賞、1958年、紫綬褒章受章、1971年、文化功労者

日本芸術院会員。

1人娘の良重も女優で、1995年、2世水谷八重子を襲名した。

 

 

 

 

 

山田五十鈴

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210516104419j:image

 

 

山田五十鈴とは、映画女優

本名山田美津。

1930年、日本活動写真(日活)入社、『剣を越えて』でデビュー、娘役で人気を得た。

1934年に第一映画に移り、溝口健二監督の『浪華悲歌』(1936年)、『祇園の姉妹』(1936年)で好演、第一線の映画女優として認められた。

新興キネマ東宝映画を経て、第2次世界大戦後は映画会社に所属せず、1960年代以降は舞台を中心に活躍、『たぬき』で1974年度芸術祭賞大賞を受けた。

日本放送協会NHK大河ドラマ赤穂浪士』、「必殺シリーズ」等、テレビでも活躍した。

他に、映画『現代人』(1952年)、『猫と庄造と二人のをんな』(1956年)、『蜘蛛巣城』(1957年度芸術選奨文部大臣賞)、舞台『香華』『太夫さん』(1983年度芸術祭賞大賞)等。

1993年に文化功労者に選ばれ、2000年には女優として初めて文化勲章を受章。

 

 

 

 

 

杉村春子

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210516104444j:image

 

 

杉村春子とは、女優。

本姓は石山。

山中高等女学校卒業後、音楽家志望から転じて、1927年、築地小劇場の研究生となる。

築地座で頭角を現し、1937年、岸田国士岩田豊雄久保田万太郎が創立した文学座に参加、中心女優となる。

第2次世界大戦中及び1963年の2度に渡る劇団分裂の危機を乗り越えて活躍。

森本薫、飯沢匡三島由紀夫福田恆存らの作家に恵まれ、『女の一生』のけい、『欲望という名の電車』のブランチ、『鹿鳴館』の朝子、『華岡青洲の妻』の於継、『ふるあめりかに袖はぬらさじ』のお園等、当たり役が数多くあった。

1947年、日本芸術院賞、1969年、朝日賞受賞、1974年、文化功労者等、十数回に渡り表彰を受けている。

また、1995年には文化勲章候補に挙げられたが辞退した。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

水谷八重子山田五十鈴は、昔の大河ドラマに出演してたので、知っていました。

日本にも数多くの素晴らしい女優がいた、そしているということを改めて実感しました。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

三秀才って誰?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、三秀才について紹介したいと思います!

 

三秀才に選ばれたのは、

加藤周一

中村真一郎

福永武彦

の3人です。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

加藤周一

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210515120129j:image

 

 

加藤周一とは、評論家、小説家、医師。

第一高等学校理科を経て、1943年、東京帝国大学医学部を卒業。

その間、福永武彦中村真一郎、窪田啓作らと文学グループ「マチネ・ポエティク」を結成して定型詩の詩作を試み、また、避暑地の長野県追分で堀辰雄の知遇を得た。

第2次世界大戦後、中村、福永との共著『1946 文学的考察』(1947年)で認められ、『近代文学』の同人に参加、文芸批評の筆をとった。

次いで、小説を試み、『ある晴れた日に』(1949年)、『運命』(1956年)、『神幸祭』(1959年)等の長編小説を書いた。

国際的な視野で日本文化を再検討するという課題を自らに課し、評論集『雑種文化』(1956年)等の著書がある。

1960年以降、カナダのブリティシュコロンビア大学をはじめ、国内外の大学で教鞭をとった。

2004年には大江健三郎らと、憲法9条を守る為、「九条の会」を結成した。

他に、自伝的回想の『羊の歌』(1968年)、『続羊の歌』(1969年)、日本美術論『称心独語』(1972年)、短編小説集『幻想薔薇都市』(1973)、『日本文学史序説』(上巻、1975年、下巻、1980年)、『加藤周一著作集』(全 24巻、1978~1997年)等。

2000年、レジオン・ドヌール勲章受章。

 

 

 

 

 

中村真一郎

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210515120203j:image

 

 

中村真一郎とは、詩人、小説家、評論家。

第一高等学校を経て、1941年、東京大学仏文科卒業。

1942年、加藤周一福永武彦らと文学グループ「マチネ・ポエティク」を組織、脚韻を試みる等の新しい詩運動を目指した。

加藤、福永との共著『1946-文学的考察』(1946何)で本格的活躍を開始。

「意識の流れ」を追うプルースト流の手法を駆使した『死の影の下に』(1946~1947年)以下『長い旅の終り』(1952年)に至る長編5部作を完成、その後は本格ロマンの創造に向かい、『回転木馬』(1957年)、『空中庭園』(1963年)、『火の祭り』(1969年)等を書いた。

また、江戸時代の漢詩に親しみ、『頼山陽とその時代』(1971年、芸術選奨文部大臣賞)で新境地を開き注目され、『蠣崎波響の生涯』(1989年)で読売文学賞受賞。

他に、『四季』(1975年)、『夏』(1978年)、『秋』(1981年)、『冬』(1984年)の4部作等があり、数多くの賞を受けた。

1991年、日本芸術院会員。

 

 

 

 

 

福永武彦

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210515120223j:image

 

 

福永武彦とは、詩人、小説家。

第一高等学校を経て、1941年、東京大学仏文科卒業。

1942年、加藤周一中村真一郎らと文学グループ「マチネ・ポエティク」を結成、加藤、中村との共著『1946 文学的考察』(1947年)や、『マチネ・ポエティク詩集』(1948年)で注目され、短編集『塔』(1948年)を経て、長編『風土』(省略版1952年、完全版1957年)や『草の花』(1954年)の成功で作家としての地位を確立。

『冥府』(1954年)以下の「夜の三部作」や『廃市』(1960年)等で生と死、愛の喪失と不毛等の主題を描いたが、それらの傷ついた人間の心象を描く手法は『死の島』(1966~1971年)に1つの到達を示している。

なお、加田伶太郎の筆名で推理小説も書いた。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

私は、1人も知りませんでした。

マチネ・ポエティクという団体に3人が関わっているようですね。

私もまだまだ勉強不足なので、色々なことを知っていきたいなと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

大学群の群馬県公立四大学って何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、大学群群馬県公立四大学について紹介したいと思います!

 

群馬県公立四大学とは、

前橋工科大学

群馬県立女子大学

群馬県立県民健康科学大学

高崎経済大学

の4つの大学です。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

前橋工科大学

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210514111226j:image

 

 

前橋工科大学とは、公立の単科大学

1952年創立の前橋市立工業短期大学を前身に、1996年、4年制大学として発足。

工学部に社会環境工学科、建築学科、生命情報学科、システム生体工学科、生物工学科、総合デザイン工学科を置く。

入学定員は240名(1997年)。

所在地は群馬県前橋市上佐鳥町。

 

 

 

 

 

群馬県立女子大学

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210514111516j:image

 

 

群馬県立女子大学とは、公立女子大学。

1980年創設され、文学部を置いた。

2005年、国際コミュニケーション学部を設置。

入学定員は180人(1997年)。

1994年、大学院を設置。

所在地は群馬県玉村町

 

 

 

 

 

群馬県立県民健康科学大学

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210514111816j:image

 

 

群馬県立県民健康科学大学とは、公立大学

2005年、開学し、看護学部、診療放射線学部の2学部を置いた。

入学定員は115人(2005年)。

所在地は群馬県前橋市

 

 

 

 

 

高崎経済大学

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210514111955j:image

 

 

高崎経済大学とは、公立大学

設置者は高崎市

1952年に創設された高崎市立短期大学を前身とし、1957年に4年制大学として開学。

経済学部を置いた。

1996年、地域政策学部を増設。

2000年、大学院を設置。

産業研究所等を付設する。

所在地は群馬県高崎市

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

群馬県には、4つも公立大学があるのですね。

東京都や神奈川県も意外と少ないので、4つという数には驚きました。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

春秋三伝って何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、春秋三伝について紹介したいと思います!

春秋三伝とは、中国古代の年代記『春秋』の3つの注釈書のことです。

 

春秋三伝に選ばれたのは、

春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)

春秋公羊伝(しゅんじゅうくようでん)

春秋穀梁伝(しゅんじゅうこくりょうでん)

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

春秋左氏伝

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210513073855j:image

 

 

春秋左氏伝とは、中国、春秋三伝の1つで、経書に数えられている。

『左氏伝』『左伝』とも言う。

孔子と同時代の人、左丘明が孔子の『春秋』の正しい意味が失われることを恐れて、『左伝』を作り、また、『国語』を著わしたと伝えられているが、実際は漢代の学者が『国語』その他の伝承史料により、『春秋』の編年に合わせて編集した物と考えられる。

『公羊伝』の政教主義を捨てて、『春秋』の背景の史実を暢達な文章で記述し、これに義例を加えて倫理道徳の教えを展開している。

この後、劉きん(23年没)が今文学を排斥して古文学を興そうとし、『左氏伝』を推賞したので、漢代の今文学者は、それが偽作であると非難した。

『左氏伝』は三伝のうちで最も遅れて世に出たが、後漢に古文学が行われるにつれ、『公羊伝』に代わって『春秋』の正伝となり、晋の杜預(284年没)が『春秋経伝集解』を著わし、唐の孔穎達がそれを元にして、『春秋左氏伝正義』を編集するに至って、その位置は不動になった。

批判的処理を要するが、春秋時代の歴史を知る貴重な文献である。

 

 

 

 

 

春秋公羊伝

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210513074045j:image

 

 

春秋公羊伝とは、中国、春秋三伝の1つで、経書に数えられている。

『公羊伝』とも言う。

孔子の高弟子夏の門人、公羊高が著わし、その玄孫寿が書物にしたと伝えられ、孔子は素王(位のない王)として、統一王者の法を『春秋』に寓しているという立場から、所謂、微言大義を明らかにするように努めている。

前漢には、董仲舒、その他の学者によってこの伝が行われた。

後漢には、何休が『春秋公羊伝解詁』を著わし、三科九旨という義例を唱え、『春秋』は漢の為に王法を定めていると主張した。

その後、『公羊伝』は『左氏伝』にその地位を奪われたが、清代末期に今文学の革命思想の支柱となった。

 

 

 

 

 

春秋穀梁伝

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210513074233j:image

 

 

春秋穀梁伝とは、中国、春秋三伝の1つで、経書に数えられている。

『穀梁伝』とも言う。

成立年未詳。

孔子の高弟子夏の門人、穀梁赤(生没年未詳)の著と伝えられるが、実際は、『公羊伝』の煩瑣主義を修正して、『春秋』の倫理的意義や王朝の法制的意義を明らかにしようとした物と思われる。

前漢に一時行われたことがあるが、その後は『公羊伝』『左氏伝』の補助的位置にある物となった。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

そもそも『春秋』という書物があること自体、知りませんでした。

日本でも、いくつか注釈書がありますが、やはりその書物を読むだけでは、理解するには難しいといった部分があるようですね。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

文壇三大音声って誰?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、文壇三大音声について紹介したいと思います!

 

文壇三大音声に選ばれたのは、

丸谷才一(まるやさいいち)

開高健(かいこうたけし)

井上光晴

の3人です。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

丸谷才一

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210512073903j:image

 

 

丸谷才一とは、小説家、評論家。

本名は根村才一。

1950年、東京大学英文科卒業、1953~1965年、国学院大学で教鞭をとった。

第1作は、1960年刊行の『エホバの顔を避けて』(1952~1660何、同人誌『秩序』に連載)。

作品には明確な方法意識が貫かれており、私小説リアリズムを拒否する、いわば現代の高踏派。

また、日本語の衰退にも危機感を持つ旧仮名遣い論者で、『日本語のために』(1974年)、『文章読本』(1977年)等の著作がある。

代表作『笹まくら』(1966何、河出文化賞)、『年の残り』(1968年、芥川賞)、『たった一人の反乱』(1972年、谷崎潤一郎賞)、『裏声で歌へ君が代』(1982年)、『樹影譚』(1988年、川端康成文学賞)、『輝く日の宮』(2003年、泉鏡花賞)等。

最後の長編に『持ち重りする薔薇の花』(2011年)。

他に『後鳥羽院』(1973年、読売文学賞)、『忠臣蔵とは何か』(1984年、野間文芸賞)等、評論、エッセーも多数。

ジェームズ・ジョイス研究者としても知られ、翻訳に『ユリシーズ』(1964年、共訳)、ジョイス論の『6月16日の花火』(1986年)等がある。

1991年、イギリス『インディペンデント』紙の外国小説賞特別賞、2001年、菊池寛賞を受賞。

1998年、日本芸術院会員、2006年、文化功労者に選ばれ、2011年、文化勲章を受章した。

 

 

 

 

 

開高健

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210512073921j:image

 

 

開高健とは、小説家。

大阪市立大学法学部卒業。

『裸の王様』(1957年)で芥川賞を受賞。

前作『パニック』(1957年)同様、工業社会における「組織と個人」という現代的なテーマを扱っている。

『日本三文オペラ』(1959年)では、大阪の旧陸軍工廠跡の浮浪者、貧民群の生態を描いた。

その後、イスラエルアイヒマン裁判を傍聴したり、ベトナムの戦場に赴く等、国際的な幅広い活動で知られる。

また、小田実らとベ平連(「ベトナムに平和を!市民連合」)を起こし、精力的に平和運動を進めた。

『輝ける闇』(1968年)、『夏の闇』『1971年)等、現代史に取材した力作がある。

他に『ベトナム戦記』(1965年)、『破れた繭』(1986年)、『夜と陽炎 (かげろう) 』(1986年)等。

1990年、「開高健賞」が創設された。

 

 

 

 

 

井上光晴

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210512073948j:image

 

 

井上光晴とは、小説家。

幼くして父母と生別し、貧困な少年時代を過した。

15歳で長崎県崎戸炭鉱で炭鉱員の生活を体験し、後の文学の素材を得た。

その後、独学で専検に合格し、電波技術養成所等に学んだが、第2次世界大戦後、日本共産党に入党し、詩作を始めた。

小説の処女作『書かれざる一章』(1950年)は共産党の内部批判として注目を集め、作家としての地位を定めた。

未解放領域、朝鮮人、原爆被爆者等を対象に、差別や搾取の実態を通じて日本の底辺をえぐった『死者の時』(1960年)、『地の群れ』(1963年)等の力作を相次いで発表、『残虐な抱擁』(1968年)等、廃坑地帯を舞台にした作品も多い。

他に、スターリン主義を批判した『黒い森林』(1966年)、退廃した日常生活を描いて戦後性の本質を問う『心優しき反逆者たち』上下(1973年)等の作がある。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

恥ずかしながら、私は1人も知りませんでした。

小説は、あまり読まないので、少しずつ読んでいきたいと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!