いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

日本三大祭って何?

こんにちは!

 

 

今日は日本三大祭について紹介したいと思います!

 

日本には数多くの祭りが存在しますが、そんな中で三大祭に選ばれたのは、

祇園祭京都府、八坂神社)

天神祭大阪府大阪天満宮

神田祭(東京都、神田明神

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

祇園祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200328114730j:image

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200328114742j:image

 

 

祇園祭とは、京都府京都市南東部、東山区に鎮座する八坂神社の例祭。

7月1日の吉符入(きっぷいり)から31日の境内社疫神社の夏越祓(なごしのはらい)まで1ヵ月にわたる大祭で、17日の33基の山鉾巡行で知られる。

もとは旧暦6月の祭りで、祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)または祇園会と呼ばれてきた。

御霊会(御霊信仰)とは、この世に恨みを残して亡くなり疫病などのたたりを起こすと考えられた死者の霊(御霊)をしずめる祭りで、社伝によると、清和天皇貞観11(869)年に疫病の流行をしずめるために日本中の国数と同じ 66本の鉾を立てて牛頭天王をまつり、神泉苑に神輿渡御を行なったのが始まりとされる(天王信仰)。

平安時代には神輿の御旅所への渡御とそれに供奉する田楽などの行列の祭りであったが、室町時代初期頃に山や鉾が登場し始め、江戸時代には33基の山鉾に固定した。

祭りは 3基の神輿が四条御旅所に渡御する 17日夕刻の神幸祭と、神輿がそれぞれ別の経路で還御する 24日夕刻の還幸祭を中心に行なわれ、17日の午前中に山鉾巡行、24日の午前中に花傘巡行がある。

17日(旧暦 6月7日)を前祭(さきまつり)、24日(旧暦 6月14日)を後祭(あとまつり)と呼び、山鉾は前祭に23基、後祭に10基と分かれて巡行していたが、1966年以降前祭にすべての山鉾が巡行し、後祭には花傘巡行を行なうようになった。

山鉾巡行の前夜(宵山)には、各山鉾町内の旧家で通りに面して屏風を並べる習慣があり、屏風祭の名がある。

山鉾行事は1979年に国の重要無形民俗文化財に指定され、2009年には国際連合教育科学文化機関 UNESCOの世界無形遺産に登録されたが、2016年に「山・鉾・屋台行事」の1つとして、他の32の祭りとともに一括登録された。

 

 

 

 

天神祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200328114758j:image

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200328114809j:image

 

 

天神祭とは、大阪府大阪市北区天神橋に鎮座する天満宮の例祭。

毎年7月24、25日に行なわれる。

室町時代には旧暦7月7日の祭りだったが、江戸時代に旧暦6月24、25日に行なわれるようになった。

社伝によれば、天暦5(951)年の6月1日または 6月みそかに、社頭の浜から鉾を流して流れ着いた場所で禊(みそぎ)を行ない、それを神領民などが船を出して迎えたのが始まりとされる。

24日の朝、夏越祓(なごしのはらい)の神事に続いて行なわれる地元小学生から選ばれた神童が神鉾を川に流す鉾流神事は、この起源伝承を再現する神事で、天神祭の開幕を告げる行事として知られる。

本祭りは25日で、午後3時30分頃に、真紅の投頭巾をかぶった太鼓打ちの男たちによる催太鼓(もよおしだいこ)の先導で、神鉾や鳳輦(ほうれん)が神社から大川(旧淀川)の天神橋まで渡御する陸渡御が行なわれる。

天神橋からは上流に向かって船渡御となり、途中で川の上流から下流に向けて出発した氏子たちの奉拝船と出会い、午後7時頃に船上祭が行なわれる。

本来の船渡御は下流にある御旅所に向かって行なわれ、それを奉拝船が出迎えていた。

この鳳輦の渡御を中心とする行事に、軽快な地車囃子(だんじりばやし)を奏でる地車や、獅子舞、傘踊りの奉納などが加わってにぎわう。

また、元禄年間(1688~1704)以降、奉拝船に飾られる武者人形などの御迎え人形が見どころの1つとなり、船に飾られなくなった今日も人形だけの展示が行なわれている。

 

 

 

 

神田祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200328114821j:image

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200328114834j:image

 

 

神田祭とは、東京都千代田区外神田に鎮座する神田神社の例祭。

江戸時代には永田町の日枝神社で行なわれる山王祭とともに、神幸行列が江戸城内に入り将軍の上覧を受ける天下祭であった。

山王祭と交互に隔年で西暦奇数年(丑、卯、巳、未、酉、亥の年)が大祭となり、鳳輦(ほうれん)が神田から日本橋、丸の内と巡行する神幸(神幸祭)が行なわれる。

本来は秋祭りで、旧暦9月15日の祭りであったが、1892年以降5月15日となり、今日では5月15日が平日の場合は例祭の神事のみ行ない、神幸はその前後の日曜日に行なわれている。

江戸時代後期には、神幸行列として、氏子各町が出す36基の山車やそれに伴う附祭(つけまつり)と呼ばれるさまざまに趣向を凝らした出し物と、御雇祭(おやといまつり)と呼ばれる幕府の命を受けた氏子以外の町内による出し物が多数出ていたが、附祭は 1887年に姿を消し、山車も電線架設や関東大震災などの影響により失われ、神田松枝町会の「羽衣」人形の山車を除いて各町内とも神輿を出すように変わった。

附祭は 2007年から神田祭附祭復元プロジェクトが発足し、復活が試みられている。

 

 

 

 

如何でしたか?

 

どの祭も非常に特徴的且つ歴史が長いんですね。

私も機会があれば行ってみたいと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

日本三大七夕祭りはこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/04/15/113538