いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

日本三名園って何?

こんにちは!

 

 

今日は日本三名園について紹介したいと思います!

名園とは、優れた庭のことです。

 

日本を代表する3つの優れた庭に選ばれたのは、

偕楽園

兼六園

後楽園

の3つです。

3つが選ばれた理由としては、明治期に外国人向けのパンフレットで紹介されたことが発端だそうです。

しかし、江戸期の大名庭園のみしか選定されておらず、枯山水などの他の様式の庭園は候補になかったそうです。

 

枯山水とは、水を用いず、地形や砂礫、石のみで山水を表現する庭園の形式。

植物が用いられてもごくわずかで、抑制されている。

中国庭園の影響下に生まれたと考えられ、南北朝時代から室町時代にかけて禅宗寺院で発達した。

大徳寺大仙院、龍安寺などのものが代表例である。

 

それぞれ簡単に説明します!

 

 

偕楽園

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200316222441j:image

 

 

偕楽園とは、茨城県水戸市にある公園。

旧称常磐公園

梅園が有名で、金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに日本三名園の1つに数えられる。

面積約 11万500㎡。

天保12 (1841) 年、9代水戸藩徳川斉昭 (烈公) が千波湖を望む景勝の地に造営。

中国の『孟子』の一節「民と偕 (とも) に楽しむ」より命名され、当時から庶民の入園が許された。

園内には梅樹数千本とツツジ、ハギなどがあり、楽寿楼のある好文亭、斉昭の『偕楽園記』の碑など多くの史跡や建物、常磐神社がある。1922年国の史跡、名勝に指定。

水戸県立自然公園に属する。

 

 

 

 

兼六園

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200316222455j:image

 

 

兼六園とは、石川県金沢市金沢城跡に隣接する回遊式の林泉大庭園 (回遊式庭園 ) 。

面積約 10万 740㎡。

水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに日本三名園の1つ。

もと加賀藩主前田家の庭園で、文政5 (1822) 年 12代藩主前田斉広の時代に拡張、大改修されて今日の規模と景観になった。

このとき松平定信が「宏大,幽邃(ゆうすい) 、人力、蒼古、水泉、眺望」の六勝を兼ねそなえているとして命名

園内に成巽閣 (せいそんかく) 、石川県立美術館がある。

 

※回遊式庭園とは、建物内から眺めるだけでなく、広大な庭の中を巡りながら空間の展開を楽しむ庭園の形式。

ヨーロッパや中国の庭園は基本的にこれに属する。

日本では建物内で履物を脱ぐ習慣から、中世の枯山水の庭園のように建物内から庭を眺めることを主眼とする庭も多く造られたが、平安時代の貴族の庭は、寝殿の南に池をもち、回遊式庭園の要素を備えていた。

しかし、本格的なものが出現したのは江戸時代の大名庭園においてである。

東京の後楽園や高松の栗林公園、岡山の後楽園などに代表される各藩の大名庭園は、日常生活からまったく独立した広大な庭が営まれた。

大きな池水を中心に複雑な回遊の苑路が組立てられ、それに沿って日本や中国の名勝を模した景観や、集屋などのさまざまな趣向が凝らされている。

 

 

 

 

後楽園

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200316222506j:image

 

 

後楽園とは、岡山県南部、岡山市にある庭園。

岡山藩の藩主池田綱政が家臣津田永忠を工事奉行として築造した大名庭園の代表例。

元禄13(1700)年完成。

初め茶屋屋敷、後園と称し明治4(1871)年に今日の名となった。

旭川の左岸、岡山城、操山、芥子山(けしごやま)を背景とする壮大な池泉回遊式庭園(回遊式庭園)で、面積 13万3000㎡。

特に全園の 5分の1の面積を野芝による芝生にしており、これは日本で最初の試みといえる。

茨城県水戸市偕楽園、石川県金沢市兼六園とともに、日本三名園の1つとされる。

国指定特別名勝

 

 

 

 

如何でしたか?

 

どこも自然豊かで美しいですね!

私は兼六園に行ったことがあるのですが、城好きな自分にとっては金沢城をバックにした景色が印象に残っています。

なので、岡山城をバックにした後楽園にも1度行ってみたいと思いました!

皆さんも是非訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!