いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

日本三大連立式平山城って何?

こんにちは!

 

 

今日は、日本三大連立式平山城について紹介したいと思います!

 

日本三大連立式平山城に選ばれたのは、

姫路城(兵庫県姫路市

松山城愛媛県松山市

和歌山城和歌山県和歌山市

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

姫路城

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200624175401j:image

 

 

姫路城とは、兵庫県姫路市にあった南北朝時代から江戸時代の城。

姫山を本丸とする平山城(ひらやまじろ)の典型。

南北朝時代に赤松貞範(さだのり)が築いたのが最初といわれる。

本格的築城は豊臣秀吉が毛利氏攻撃の拠点としたときから。

徳川家康は、西国大名に対する備えとして1600年(慶長5)、姫路城に女婿の池田輝政(てるまさ)を封じた。

輝政は、現存規模の城郭へと大改修し、1609年(慶長14)に完成させた。

盛時の近世城郭を伝える典型的遺構で、大小4つの天守をもつ連立式の天守閣のうち、もっとも大きい大天守は5重の屋根が巡り、地下1層を含む7層のもの。

天守閣ほか多くの建造物は国宝、重要文化財に指定。

1993年(平成5)、姫路城は世界遺産文化遺産)に登録された。

日本城郭協会選定による「日本100名城」の1つ。

JR山陽本線山陽電鉄姫路駅から徒歩15分。

白漆喰(しっくい)を用いた優美な形態から、白鷺(しらさぎ)城ともよばれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

松山城

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200624175456j:image

 

 

松山城とは、愛媛県松山市にあった平山城(ひらやまじろ)。

国指定史跡。

日本城郭協会選定による「日本100名城」の1つ。

松山平野の中央部に位置する勝山(標高132m)に築城、壮大な石垣の上に天守、小天守のほか多数の櫓(やぐら)がそびえる。

関ヶ原の戦いで戦功があった加藤嘉明(よしあき)は、1602年(慶長7)勝山の地形を利用して新城の建設に着手した。

勝山は、南北朝時代南朝方が砦を築き、戦国時代には河野氏が前衛基地とするなど、重要な拠点であった。

翌年、城は建設中にもかかわらず、嘉明は居城の松前城(まさきじょう)から勝山に移り、この城を松山城命名した。

嘉明の会津転封後の1627年(寛永4)、蒲生忠知(がもうただとも)が入封、二の丸などの整備を行った。

嗣子(しし)がないため蒲生氏が断絶になったあと、1635年(寛永12)松平(久松)定行(さだゆき)が藩主となり、明治維新まで235年間つづいた。

1784年(天明4)の落雷で焼失した天守は、1852年(嘉永5)に再建された。

現在、城跡は史跡公園となり、天守のほか櫓、門、塀、石垣、堀が現存する。

また、昭和時代の放火や空襲などで失った建築物は、ほとんどが復元されている。

JR予讃本線松山駅から市内電車10分で大街道下車、徒歩5分。

ロープウェイで山上へ。

伊予松山城(いよまつやまじょう)、金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)ともいう。

 

 

 

 

 

 

 

 

和歌山城

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200624175546j:image

 

 

和歌山城とは、和歌山県和歌山市にあった平山城(ひらやまじろ)。

安土桃山時代に弟秀長(ひでなが)のために羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)自らが縄張りを行った城。

国指定史跡。

日本城郭協会選定による「日本100名城」の1つ。

1585年(天正13)、秀吉は紀州を制圧したあと、根来・雑賀衆討伐に戦功をあげた弟秀長に和泉・紀伊・大和を与え、紀州支配の拠点として城を築かせた。

本願寺と結びついた雑賀衆に手をやいた秀吉は自ら縄張りを行い、築城の名手として知られる藤堂高虎が普請にあたった。

秀長は大和郡山城(奈良県大和郡山市)を本城とし、和歌山城には城代として桑山重晴(しげはる)をおいた。

1600年(慶長5)に、関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長(よしなが)が入城し、城は大拡張された。

1619年(元和5)には徳川頼宣(よりのぶ)(家康の10男)が入封して南の丸や砂の丸を増築するなど大城郭に改修し、以来、紀州55万5000石の居城となった。

1846年(弘化3)の落雷で5層の天守閣などを焼失したが、5年後に再建された。

5重の天守は幕府に認められず、3重になったという。

この天守明治維新後も残っていたが、1945年(昭和20)7月戦災で焼失した。

現在の天守は、1958年(昭和33)に焼失前の姿で復元されたものである。

JR紀勢本線和歌山駅または南海電鉄和歌山市駅から市内循環バスで公園前下車、徒歩10分。

若山城、竹垣城、虎伏城(とらふすじょう)とも呼ばれる。

 

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

松山城和歌山城が入ってくるのは、少々意外だったのではないでしょうか?

私は、3つ全て行ったことがあるのですが、和歌山城は、かなり昔のため、あまり覚えていません。

また、行きたいと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!