いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

世界三大ゲルバー橋って何?

こんにちは!

 

 

今日は世界三大ゲルバー橋について紹介したいと思います!

 

そもそもゲルバー橋とは、連続橋で両端の支点の間に蝶番(ちょうつがい)の働きをもつヒンジ(継ぎ目)を設けた橋。

ドイツの土木技術者ゲルバーが考案。

両端の支点部分から腕を突き出し、その間に別の桁(けた)を渡したもので、支点の不同沈下の影響が少なく、設計が簡単なので鋼橋、鉄筋コンクリート橋として広く用いられる。

カンチレバー橋。

突桁(つきげた)橋。

 

文章だけ読んでもよく分からないかもしれないので、図も載せておきます。

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200326113640j:image

 

 

世界三大ゲルバー橋に選ばれたのは、

ケベック

フォース鉄道橋

港大橋

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

ケベック

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200326113654j:image

 

 

ケベック橋とは、カナダ、ケベック市の近くでセント・ローレンス川を渡る橋。

3径間のカンチレバー形式トラス橋で、中央径間は549mあり、そのうち吊径間(つりけいかん)は195mある。

1902年にクーパーを技師長として架設が始められたが、07年と16年の2回にわたり墜落事故を起こし、17年にようやく完成した。

このため悲劇の橋として名高く、その経験は大きな技術的教訓となった。

 

 

 

 

フォース鉄道橋

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200326113706j:image

 

 

フォース鉄道橋とは、イギリス、スコットランドエジンバラに近いフォース湾を横断する鉄道橋。

橋梁(きょうりょう)史上19世紀の記念碑とされる名橋である。

並行して二つの長大橋があり、普通は古いほうをさす。

もう一つの吊(つり)橋はフォース道路橋とよばれ区別されている。

ジョン・ファウラーおよびベンジャミン・ベーカーによって架設され、1889年に完成した。

ゲルバートラス形式で、最大支間は約520mである。

従来の錬鉄にかえて鋼材を使用し、主要圧縮部材をパイプ状にするなど、画期的な創意が盛り込まれており、現在も実用に耐えている。

 

 

 

 

港大橋

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200326113724j:image

 

 

港大橋とは、大阪市港区海岸通りと南港地区を結ぶ鋼道路橋。

橋長980mのカンチレバートラス構造で、この形式の橋としては世界第3位の510mの中央径間長を有する。

1974年完成。

上階を阪神高速道路湾岸線、下階を一般道路に供する2階構造の橋である。

設計荷重が大きいため、当時まだ使用実績が少なかった引張強さ70kgf/㎟および80kgf/㎟級の高張力鋼の極厚板材を特別の仕様によって作り、大きな力を受ける部材に用いた。

 

※高張力鋼とは、軟鋼に合金元素を少量添加して強さを高めた低合金鋼。

ハイテン鋼とも呼ばれ、世界各国において研究されている合金鋼で、日本の技術は欧米よりはるかに進歩しているといわれる。

強さ別に 50kg/㎟、60kg/㎟、80kg/㎟、100kg/㎟程度のものに分れている。

60kg/㎟以上のもので焼入れ、焼きなましをしたものは調質高張力鋼として降伏比が高く、溶接性がよいので、高圧容器、橋梁、建築などに広く用いられる。

関門橋本州四国連絡橋には溶接したこの鋼材が多く用いられている。

 

 

 

 

如何でしたか?

 

全て橋の構造は似てる感じがしますね。

日本にも有名なゲルバー橋があることは驚きでした。

何れにせよ、多くの人々の努力によって、全ての橋が完成されてるんですね。

人の役に立つ仕事って素晴らしいと思いました!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

日本三奇橋はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/03/22/133557

 

 

世界三大河川はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/03/10/113145

 

 

日本三大河川はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/04/29/104820

 

 

世界三大運河はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/05/03/120235

 

 

日本三大暴れ川はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/03/20/125554

 

 

日本三大湖はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/05/05/125950