いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

世界三大通貨って何?

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、世界三大通貨について紹介したいと思います!

 

世界三大通貨に選ばれたのは、

アメリカドル

ユーロ

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

アメリカドル

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200420114221p:image

 

 

アメリカドルとは、アメリカ合衆国の法定貨幣をいい、略号は$。

その100分の1をセント centとしている。

国民通貨にドルの名称を付した国はアメリカだけではないが、その起源は南ドイツの産銀で鋳造された銀貨につけられたターレル thalerで、新大陸アメリカに流入したスペインのターレル銀貨、すなわちスパニッシュ・ダラー spanish dollarが前身である。

1792年に独立し通貨主権を取得したアメリカは、金銀比価を15対1とする金銀複本位制を制定し、ドルを法定貨幣単位としたが、銀貨は鋳造されず実質は金本位制であった。

金銀比価の不安定性に悩んだアメリカは、1900年金の公定価格を1オンスにつき 20.67ドルとする金本位制を公式に制定し、同時に従来はナショナル銀行 National Bankがもっていた銀行券発行権を新設の連邦準備制度に移譲させた。

この制度の確立によりドルの国民通貨としての地位が確立した。

第1次世界大戦は国民通貨ドルの国際通貨への発展の契機となった。

それは世界無比の強大な生産力と大量の金流入のための豊富な金準備とを基調とすることになったからで、ポンドとともに制度上、事実上の国際通貨の地位を占めた。

33年アメリカはドルの平価切下げを余儀なくされ1オンス=35ドルとしたが、第2次世界大戦後、ドルは国際通貨史上かつてなかった強大、安定の国際通貨の地位を占めた。

50年末にいたって高額かつ持続的な国際収支の赤字、その結果としての金準備の激減のためにドル危機が表面化し、71年8月15日ニクソン政権による金・ドル交換停止措置により、ドルを基軸通貨とする金為替本位制度も崩壊した。

 

連邦準備制度とは、1913年12月23日成立した連邦準備法 Federal Reserve Actによって創設されたアメリカの中央銀行制度。

35年銀行法により改正された。

(1) 7名の専任理事 (任期 14年) で構成され、金融政策の樹立とその遂行を監督する連邦準備理事会 FRB、(2) 金融政策の実行を担当する12の連邦準備銀行 (加盟銀行は約 5700) 、(3) 7名の専任理事と連邦準備銀行からの代表5名 (任期1年) により構成され、公開市場政策を担当する連邦公開市場委員会、(4) 連邦準備銀行の代表 12名により構成され、政策形成に助言を与える連邦諮問会議から成っている。

 

 

 

 

ユーロ

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200420114213j:image

 

 

ユーロとは、ヨーロッパ連合 EUの単一通貨の名称。

1995年12月の EU首脳会議で決められた。

第1陣の参加を見送ったイギリス、デンマーク、条件を満たせなかったギリシアスウェーデンを除く 11ヵ国で、資本取引など帳簿上の取引に1999年1月から導入され、2002年前半までに一般の流通も開始。

 

 

 

 

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200420114249p:image

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200420114259p:image

 

 

円とは、日本の通貨の呼び名。

明治4 (1871) 年の新貨条例制定により通貨の単位として円が登場。

1897年の貨幣法により金本位制度が確立し、純金 750mgを1円とした。

その後1931年末の金輸出禁止と銀行券兌換停止により金本位制度は停止され、円は管理通貨制度に移行した。

第2次世界大戦中および戦後のインフレーションと戦後の対外為替取引の停止を経て、49年4月に1米ドル=360円の基準為替相場が公定され、60年7月に対外交換性が回復された。

円の価値は対内的にみると戦後のインフレーションの過程で著しく減価しているが、対外的な価値は相対的に強くなっており、71年12月19日1米ドル=308円に切上げられた。

73年2月変動為替相場制度に移行、85年9月プラザ合意後はさらに円高に推移し、94年6月には初めて1米ドル=100円を突破して2桁の数字を記録した。

 

※管理通貨制度とは、一国の通貨量を金保有量の増減に直接的にリンクさせることなく、金融政策の目標の実現を通貨管理当局の自由な裁量によって調節する制度。

第1次世界大戦前は、通貨価値の安定をはかるために通貨と金の兌換を保証する金本位制度が基本となっていた。

しかし金本位制度は為替相場の安定という対外均衡の確保を最大の目的とし、対内均衡を犠牲にしがちであった。

1929年の世界恐慌以後、多くの国が金本位制度を廃してこの制度を採用。

日本では32年の兌換銀行券発行制度の改正により実質的にこの制度へ移行し、42年の日本銀行法の制定で、法制上も移行を果した。

 

 

 

 

如何でしたか?

 

今では当たり前のように聞く3つの通貨は、こんな歴史を経て作られ、現在に至っているのですね。

日本の円も、明治時代から始まっており、そんな古いのと感じた方や、そんな新しいのと感じた方はそれぞれかと思いますが、私はわりと新しいと感じました。

聖徳太子織田信長の時代は無かったのですから。笑

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!