いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

日本三大随筆って何?

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、日本三大随筆について紹介したいと思います!

随筆とは、特定の形式を持たず、見聞、経験、感想などを筆にまかせて書きしるした文章。

西洋では小論文、時評なども含めてエッセーと呼ばれるが、日本のものはより断片的である。

漫筆。

 

日本三大随筆に選ばれたのは、

枕草子

方丈記

徒然草

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

枕草子

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200419120633j:image

 

 

枕草子とは、平安時代中期の随筆。

清少納言著。

長保3 (1001) 年頃にはだいたい完成していたとされる。

書名は「枕にこそは侍らめ」といって中宮から用紙を下賜されたという跋文(ばつぶん)に基づくが、枕頭に置いて備忘録とする意とも、歌枕、枕詞の枕の意ともいう。

形態の異なる数種の伝本があるが、作者の初稿から出た「三巻本」と作者自身によって加筆補訂された「伝能因所持本」が重視される。

類集的章段、日記回想的章段、随想的章段など性格の違う章段約 300から成る。

才気縦横の明るい世界は紫式部の暗く沈思する世界と常に比較される。

源氏物語』とともに、王朝文化の頂点を形成し、後世に多大の影響を与えた。

 

 

 

 

方丈記

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200419120643j:image

 

 

方丈記とは、鎌倉時代前期の随筆。

鴨長明著。

1巻。

建暦2 (1212) 年成立。

題名は長明が日野山に1丈 (約 3m) 四方の庵室を造り住んだことによる。

無常厭世の仏教観に貫かれた小編で、流麗、簡潔な名文として古来推されている。

広本 (古本,流布本) 、略本があるが、広本の古本系に長明自筆かといわれる大福光寺本がある。

 

※日野山とは、福井県中央部、武生盆地の南方、越前市南越前町の境にある山。

標高 795m。

武生盆地や福井平野からも望見でき、富士山に似た山容を示すため「越前富士」と呼ばれる。

山頂には日野権現がまつられ、毎年8月23日の祭りには多くの登山者でにぎわう。

越前守に任じられた父に従って武生に住んだ紫式部も「日野の岳といふ山の…」と詞書して歌を詠んでいる。

 

 

 

 

徒然草

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200419120656p:image

 

 

徒然草とは、鎌倉時代後期の随筆文学。

兼好作。

2巻。

元徳2 (1330) ~元弘1 (31) 年成立か (前半の一部は 1319年成立か) 。

「つれづれなるままに…」に始る小序のほか 243段。

内容は人生論、仏教信仰論、人間観、女性論、住居論、趣味論、自然観照を綴った随想、挿話・奇譚(きたん)の類、物語的な小文、備忘録的な雑記など多岐にわたっている。

早く室町時代の正徹 (しょうてつ) に注目されたが、江戸時代になると人生教訓の書としてもてはやされ、多数の注釈、研究書が生れた。

俳諧その他後代文学への影響も大きい。

 

※正徹とは、室町時代の歌僧。

本名、小松正清。

松月または招月と号し、清巌和尚、徹書記ともいう。

右筆となったが和歌を冷泉為尹 (れいぜいためまさ) 、今川了俊について学び、応永の中頃東福寺に入り、書記をつとめた。

応永 25 (1418) 年伊勢、尾張に旅行して『源氏物語』を講じ、『なぐさめ草』を書いた。

歌風は清新で新古今調、特に藤原定家の風体を目指したが、意表に出た奇抜な作もあり、風刺的な歌を詠んで、将軍あるいは天皇の怒りを受け、流されたという伝説もある。

多作で家集『草根集』には二万余首があったらしい (丹鶴叢書本に一万一千余首所収) 。

ほかに『正徹千首』、歌論書『正徹物語』などがある。

 

 

 

 

如何でしたか?

 

どれも国語の授業で教わった人が多いかもしれませんね。

最近では、現代語訳された本も多く出版されているので、ぜひ読んでみてください!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

 

三跡はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/05/01/114145

 

 

三筆はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/04/01/190951

 

 

五大老はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/03/24/110213

 

 

五奉行はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/03/27/142835