いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

明治五大私鉄って何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、明治五大私鉄について紹介したいと思います!

 

明治五大私鉄に選ばれたのは、

北海道炭礦鉄道

日本鉄道

山陽鉄道

九州鉄道

関西鉄道

の5つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

北海道炭礦鉄道

 

 

f:id:mudachishiki4510:20221028072234p:image

 

 

北海道炭礦鉄道とは、1889年(明治22年)11月に設立された、石炭採掘と鉄道運輸を目的とする特権的保護会社。

略称北炭。

1881年開拓使官有物払い下げ事件以来、北海道の官業払下げは中止されていたが、1886年北海道庁設置を契機に再び活発化し、その中心が幌内炭鉱と幌内鉄道の払い下げ問題であった。

開拓使の開発した同炭鉱は、1888年以降村田堤の北有社がその石炭販売権と鉄道運輸請負権を獲得していたが、前道庁第二部長、堀基は政治力を発揮して北有社の権利を道庁に返還させ、永山武四郎道庁長官らと計って設立した新会社(北炭)がその権利を継承することを画策した。

1889年11月、徳川義礼、渋沢栄一らを発起人に、資本金650万円で設立された北炭の初代社長に堀が選任され、同社には多額の国費を投じた幌内炭鉱と幌内鉄道、及び土地建物等の付属物件が極めて廉価に払い下げられた。

その上、利子補給、国税免除、囚人貸与等の特権を得た北炭は、以後道内石炭業の中枢となった。

なお同社は、1893年北海道炭礦鉄道株式会社、1906年明治39年)、鉄道国有化で北海道炭礦汽船株式会社と改称して、三井資本の系列に入り、現在に至る。

 

 

 

 

 

日本鉄道

 

 

f:id:mudachishiki4510:20221028072250p:image

 

 

日本鉄道とは、現在の東日本旅客鉄道東北本線高崎線等の経営にあたった日本最初の私設鉄道会社。

1881年明治14年)11月5日創立。

政府の鉄道建設資金の不足を補う為、華士族金禄公債担保の出資により鉄道建設を推進する為、資本金2000万円で設立され、政府の利子補給・利益保護、政府による建設・運営の方式をとった(後に運営は自立)。

1883年、上野〜熊谷間開業、1884年、高崎まで、1885年、品川〜新宿〜赤羽間開業、生糸の横浜への輸送で鉄道の経済効果を実証した。

1891年、上野〜青森間全通をはじめ、常磐線の建設、水戸・両毛鉄道の合併等、東北日本の中心的な鉄道会社となった。

1906年明治39年)11月1日、鉄道国有法により国有化された。

 

 

 

 

 

山陽鉄道

 

 

f:id:mudachishiki4510:20221028072306p:image

 

 

山陽鉄道とは、1906年明治39年)の鉄道国有法により国に買収された17社の私設鉄道の1つ。

神戸〜馬関(現、下関)間の本線(現、山陽本線)の他、播但鉄道から引き継いだ姫路〜新井間(現、播但線)、讃岐鉄道から引き継いだ高松〜琴平間(現、予讃線土讃線)等を保有していた。

1888年明治21年)、兵庫〜明石間で開業したのを最初として、1894年には広島に達し、1894~1895年の日清戦争に際しては大陸への出兵に大きな役割を果たした。

1901年には本線が全通。

それより先、徳山まで開通してからは、1898年から徳山と門司との間に傍系の山陽汽船による連絡船を運航し、全通後は関門連絡船を設けた。

1903年には岡山〜高松間及び尾道多度津間に連絡船を走らせ、讃岐鉄道と連絡した。

瀬戸内海を東西に走る旅客船との競争がある為、サービスの改善に熱心で、急行列車の設定、食堂車や寝台車の連結は日本で最初であった。

また、下関には直営の山陽ホテルを設けていた。

 

 

 

 

 

九州鉄道

 

 

f:id:mudachishiki4510:20221028072325p:image

 

 

九州鉄道とは、1906年明治39年)の鉄道国有法により国に買収された17社の私設鉄道の1つ。

門司〜八代間(現、鹿児島本線)、鳥栖早岐〜長崎間(現、長崎本線佐世保線大村線)、小倉〜宇佐間(現、日豊本線)、若松〜飯塚間(現、筑豊本線)等を保有していた。

福岡、熊本、佐賀の各県当局が民間と協力して会社を発起し、1889年(明治22年)に博多から南へ向かって開業したのを最初に、1898年までに門司〜八代間や鳥栖〜長崎間を完成、1897年に筑豊鉄道を合併したのに続き、伊万里鉄道、豊州鉄道、唐津鉄道を統合して、九州北部一帯に及ぶ路線網を作り上げた。

特に筑豊炭田には、炭坑からの石炭搬出の為、極めて密な鉄道網が形成された。

創業の際にドイツ人技師の鉄道敷設の指導を受けた為、当初の車両やレール等はドイツ製品を用いていた。

 

 

 

 

 

関西鉄道

 

 

f:id:mudachishiki4510:20221028072342p:image

 

 

関西鉄道とは、名古屋〜大阪間に有力な路線網を持っていた私設鉄道

1906年明治39年)の鉄道国有法により1907年、国に買収された17社の私鉄の1つ。

名古屋〜亀山〜JR難波間(現、関西本線)の他、草津〜柘植間(現、草津線)、京都〜木津間(現、奈良線)、木津〜片町間(現、片町線、京橋〜片町間は1997年廃止)、奈良〜高田間(現、桜井線)、王寺〜和歌山間(現、和歌山線)等の各線からなっていた。

1888年明治21年)、関西鉄道会社が四日市に設立され、1889年開業、1890年、草津〜柘植間、四日市〜柘植間、全通。

次いで名古屋〜奈良間を完成し、奈良〜湊町間その他を営業していた大阪鉄道を1900年(明治33年)、買収、更に紀和鉄道、南和鉄道、奈良鉄道等を統合して営業区域を広めた。

1903年前後に名古屋と大阪間の旅客、貨物の輸送で国鉄(当時の官設鉄道)と激しい運賃割引競争を繰り広げたことで知られている。

客車の窓下に1等は白、2等は青、3等は赤と、切符と同色の帯を巻いて利用者の識別を便利にするという方式は関西鉄道が始めたものである。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

今のJRや大手私鉄が経営している路線が含まれていますね。

昔は、もっと多くの鉄道会社が存在していたようですね。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!