いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

日本プロ野球の最多本塁打王ベスト3って誰?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、日本プロ野球の最多本塁打王ベスト3について紹介したいと思います!

 

日本プロ野球の最多本塁打王ベスト3とは、

1位:王貞治(おうさだはる)

2位:野村克也(のむらかつや)

3位:中村剛也(なかむらたけや)

の3人です。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

王貞治

 

 

f:id:mudachishiki4510:20230413073235j:image

 

 

王貞治とは、昭和後期〜平成時代のプロ野球選手、監督。
昭和15年5月20日生まれ。

昭和32年早稲田実業の投打の中心として春の甲子園で優勝。

昭和34年、巨人に入団。

3年目に一本足打法となり、長嶋茂雄と共に巨人9連覇に貢献。

昭和39年、シリーズ本塁打55本の日本記録、昭和52年には本塁打数で世界記録を抜き、初の国民栄誉賞を受けた。

実働22年、三冠王2回、13年連続を含め本塁打王15回、打点王13回、首位打者5回。

通算2786安打、3割1厘、868本塁打

昭和59〜昭和63年、巨人監督、昭和62年、リーグ優勝。

平成7年、ダイエー(現ソフトバンク)監督に就任し、平成11年、日本一、平成12年、リーグ優勝、平成15年、日本一。

平成18年、WBCの日本代表チームの監督となりチームを世界1位の座に導いた。

平成20年、ソフトバンク監督勇退

平成22年、文化功労者に選ばれる。

東京出身。

 

 

 

 

 

野村克也

 

 

f:id:mudachishiki4510:20230413073331j:image

 

 

野村克也とは、昭和後期〜平成時代のプロ野球選手、監督。
昭和10年6月29日生まれ。

昭和29年、テスト生で南海に入団。

昭和40年、戦後初の三冠王

昭和45〜昭和52年、監督も兼務。

ロッテ、西武に移り、捕手として世界記録の3017試合出場。

実働26年、本塁打王9回、打点王7回、首位打者1回。

通算2901安打、2割7分7厘、657本塁打、1988打点。

平成元年、野球殿堂入り。

平成2〜平成10年、ヤクルト監督(優勝4回、うち日本一3回)。

平成11年、阪神監督。

社会人のシダックス監督を経て、平成18年、楽天監督。

平成21年、監督勝利1500を達成する。

京都府出身。

峰山高卒。

 

 

 

 

 

中村剛也

 

 

f:id:mudachishiki4510:20230413073401j:image

 

 

中村剛也とは、平成時代のプロ野球選手。
昭和58年8月15日生まれ。

内野手三塁手一塁手)、右投げ右打ち。

高校時代に通算83本の本塁打を打つ。

平成13年、埼玉西武ライオンズに入団。

プロ公式戦初出場は15年対日本ハム戦。

魅力は長打力で、平成20年、46本、平成21年、48本、平成23年、48本と本塁打王3回。

平成21年(122打点)、平成23年(116打点)には打点王も獲得。

大阪府出身。

大阪桐蔭高卒。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

この中に中村剛也が入っているのは、凄いですね。

やはりホームランが出るというのは、試合を盛り上げる大きな要素ですね。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!