いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

甲州三法って何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、甲州三法について紹介したいと思います!

甲州三法とは、武田信玄が制定した3つの法です。

 

甲州三法に選ばれたのは、

大小切税法

甲州

甲州

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

大小切税法

 

 

大小切税法とは、大切」と呼ばれる米納(一部金納)と、「小切」と呼ばれる金納の税法。

元来、甲斐では山がちで米が取れなかった為、制定された納税方法である。

この為、領内に貨幣経済が発展しやすい土壌が整った。

 

 

 

 

 

甲州

 

 

f:id:mudachishiki4510:20220727064454j:image

 

 

甲州金とは、日本で初めて体系的に整備された貨幣制度、及びそれに用いられた金貨である。

戦国時代に武田氏の領国甲斐国等で流通していたと言われ、江戸時代の文政年間まで鋳造されていた。

近世には武田晴信(信玄)の遺制とされ、大小切税法、甲州枡と併せて甲州三法と呼ばれている。

 

 

 

 

 

甲州

 

 

甲州枡とは、江戸時代に甲斐国で用いられた枡。

甲斐国志』国法之部に拠れば、甲斐四郡のうち、都留郡を除く山梨郡八代郡巨摩郡の国中三郡で通用していた独自の制度。

大小切税法、甲州金とともに甲州三法と呼ばれ、戦国期の武田氏時代の遺制であるとする伝承を持つ。

通称は国枡で、別称に大桝、信玄枡とも呼称される。

甲州枡は武田氏時代の由緒を持つ職人が作成し、村方では穀物を計量する日用器具であった他、農耕儀礼にも用いられる等、聖性を帯びた存在であったが、酒や油の計量には京枡も用いられた。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

武田信玄という武将は、戦以外でも様々な観点で活躍していますね。

信玄堤もその1つですね。

軍事、経済、インフラにこれだけ長けている戦国武将は、中々いないと思います。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!