いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

日本三名泉って何?

こんにちは!

 

 

今日は、日本三名泉について紹介したいと思います!

以前、日本三大温泉について紹介しましたが、今回は日本三名泉です。

 

日本三名泉に選ばれたのは、

有馬温泉兵庫県

草津温泉群馬県

下呂温泉岐阜県

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

有馬温泉

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200424131035j:image

 

 

有馬温泉とは、兵庫県神戸市北区にある温泉。

六甲山地北斜面,標高約 363mに位置。

古くから知られ,『日本書紀』によれば飛鳥時代舒明天皇行幸以来,幾度かの法皇入湯の歴史がある。

建久2 (1191) 年,仁西上人が和歌山県熊野権現の神託により温泉を修築,行基の寺を再興し,12の宿坊を開いて以来,有馬の旅館名には「坊」のつくものが多い。

豊臣秀吉もたびたび入湯したといわれる。

単純炭酸泉,放射能泉で泉温は 97℃。

貧血症に特効がある。

名所旧跡も多く,滝と桜,紅葉の名所でもある。

 

※単純炭酸泉とは、水中の遊離炭酸の含有量は 1000分の1以上あるが,固形成分の含有量は 1000分の1未満の温泉。

内用としては胃弱,便秘などに効用があり,浴用としては心臓病,血管障害,神経疾患などによい。

遠刈田 (宮城県) ,堀田 (大分県) など。

日本には数が少ない。

 

 

 

 

 

草津温泉

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200424131051j:image

 

 

草津温泉とは、群馬県西部,白根山 (草津白根) の南東麓草津町にある温泉。

古くから温泉集落を形成していたが,標高1200mの高地にあるため,明治時代中頃までは,冬住みと称して冬季間は下の集落へ移った。

泉質は含硫化水素酸性明礬泉。

泉温は 60~65℃。

湯量豊富で皮膚病,胃腸病,神経痛などにきく。

強酸性のため「時間湯」という特殊な入浴法が「湯もみ」の所作とともに残っている。

夏は避暑地,冬はスキー場として多くの観光客でにぎわう。

 

硫化水素とは、化学式 H2S 。

天然には火山ガス,硫黄泉などに含まれるが,実験室的には硫化鉄に希硫酸を作用させて製する。

無色の有毒ガスであり,腐った卵のような悪臭がある。

空気中では淡青色の炎をあげて燃える。

-60.1℃で液化し,-82.9℃で固化する。

空気より重く,水,アルコールに可溶。

硫化水素水は不安定で,空気中の酸素により,容易に硫黄を析出し白濁する。

飽和水溶液の pHは約 4.5。

還元性がある。

適当な酸濃度で金属塩溶液中に通じると,各金属イオンに特有の色をもった硫化物を沈殿するので,重要な分析試薬である。

 

 

 

 

 

下呂温泉

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200424131105j:image

 

 

下呂温泉とは、岐阜県中東部,下呂市にある温泉。

飛騨川の上流益田川に臨み,下呂駅付近と対岸の湯ノ島に分かれる。

古くから知られていたが,特に 1924年の掘削以来,豊富な湧出量を誇る。

泉質は単純泉,硫黄泉。

泉温 83℃。

リウマチ,神経痛に効能がある。

温泉街は 1934年高山本線が開通して急速に発展。

名古屋,岐阜方面からの観光客が多い。

飛騨木曾川国定公園に含まれる。

 

※硫黄泉とは、水硫イオン,チオ硫酸イオンあるいは硫化水素を含む鉱泉

このうち遊離炭酸や遊離硫化水素を含むものを特に硫化水素泉といい,これを含まないものを狭義の硫黄泉という。

日本に数多く,代表的なものは箱根湯本 (神奈川県) ,日光湯本 (栃木県) ,万座 (群馬県) ,野沢 (長野県) ,えびの (宮崎県) など。

浴用として慢性皮膚病,リウマチ,神経痛,動脈硬化,糖尿病などに効果がある。

 

高山本線とは、中部地方中央部を南北に走る鉄道。

岐阜-猪谷-富山間 225.8km。

猪谷までは JR東海,以降は JR西日本に所属。

1920年岐阜県側から建設工事に着手,昭和の初めには飛越線として富山県側からの工事も始り,34年全線開通。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

どこも比較的有名だったのではないでしょうか?

私は3つ全てに行ったことがあるのですが、それぞれ違った趣を感じ、居心地が良かったです。

中でも、有馬温泉草津温泉に行った時は、かなり渋滞をしていたので、人気スポットであることを痛感しました。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

日本三大温泉はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/04/10/104714