いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

世界三大歌劇場って何?

こんにちは!

 

 

今日は、世界三大歌劇場について紹介したいと思います!

 

世界三大歌劇場に選ばれたのは、

ウィーン国立歌劇場

スカラ座

メトロポリタン歌劇場

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

ウィーン国立歌劇場

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200804173828j:image

 

 

ウィーン国立歌劇場とは、ウィーンのオペラ・ハウス。

世界でもっとも重要な歌劇場の1つで、ウィーン市のリング(環状道路)の横に建てられ、専属のオーケストラ、合唱団、バレエ団、スタッフを有している。

現在地に最初に歌劇場が建てられたのは1861~69年で、69年5月29日に開場。

当初はウィーン宮廷歌劇場Wiener Hofoperと称し、ヨーハン・ヘルベックJohann von Herbeck(1831―77)、グスタフ・マーラーらが音楽監督を務めた。

第一次世界大戦後はリヒャルト・シュトラウスとフランツ・シャルクが共同で音楽監督を務めたのち、クレメンス・クラウスが監督に就任した。

第二次世界大戦末期の1945年3月12日、爆撃により建物は完全に破壊されたため、戦後はアン・デア・ウィーン劇場Theater an der wienなどで公演を続け、55年11月5日、再建された歌劇場における初公演がカール・ベームの指揮で行われた。

ベームはのちに音楽監督に就任、後任はカラヤンマゼールらが務めた。

歌劇場は1999年に民営化され、同年、総監督イオアン・ホレンダーIoan Holender(1935― )のもと、2002年秋から小沢征爾音楽監督に就任することが決定。

2001年9月には直属のオペラ学校が開校している。

なお、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーは当歌劇場の楽団員より構成されている。

 

 

 

 

 

 

スカラ座

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200804173958j:image

 

 

スカラ座とは、ミラノにあるイタリアを代表する歌劇場。

聖マリア・アラ・スカラ教会の跡に建てられたため、この名称が与えられた。

1778年8月3日、サリエリのオペラで開場、以来ロッシーニの『イタリアのトルコ人』、ベッリーニの『ノルマ』、ベルディの『オテロ』『ファルスタッフ』、ボイートの『メフィストフェレ』、プーランクの『カルメル派修道女の対話』など、今日に至るまで多数の優れたオペラが初演された。

トスカニーニ、デ・サバータ、ルチアーノ・シャイー、ジュリーニ、セラフィン、アッバードなど古今の優れた音楽家が芸術監督、音楽監督に迎えられた。

現在の建物は、第二次世界大戦中の1943年の爆撃で著しく損傷したのち、46~48年にわたり再建されたもので、客席数3600。

55年には古い作品や現代曲上演のための小劇場ピッコラ・スカラ(客席数600)が併設された。

専属のオーケストラ、合唱団をもち、12月に始まるシーズンのほか、近郊都市、海外での公演も行う。

1913年以来、付属の博物館が開設されている。

81年(昭和56)に初来日。

 

 

 

 

 

 

メトロポリタン歌劇場

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200804174129j:image

 

 

メトロポリタン歌劇場とは、ニューヨークのリンカーン・センターにあるアメリカ合衆国を代表する歌劇場。

1883年、西39番街に開場。

2年後に専属の管弦楽団が発足し、モットル、マーラートスカニーニ、セラフィン、ビーチャム、ワルター、セルなどが指揮者を務めた。

プッチーニ『西部の娘』、グラナドスゴイェスカス』など、この歌劇場で初演された作品は少なくない。

1950~72年ルドルフ・ビングの監督時代に、リンカーン・センターの新劇場への移転(1966)など諸改革が実施された。

1953年を限りに専属の指揮者のポストは廃止され、73年音楽監督が置かれた。

初代はラファエル・クーベリックであったが、75年からジェームズ・レバインがこの地位に就任した。

世界各国から優秀な歌手を集めての上演が、毎年秋から翌年春までのシーズンに行われている。

75年(昭和50)には日本公演を初めて行った。

 

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

スカラ座は、世界三大劇場にも選ばれていましたね。

ウィーン国立歌劇場は、日本を代表する指揮者である小澤征爾も監督を務めており、改めて小澤征爾の凄さを知りました。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!