いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

世界のスープメーカーの市場シェアベスト3って何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、世界のスープメーカーの市場シェアベスト3について紹介したいと思います!

 

世界のスープメーカーの市場シェアベスト3とは、

1位:ユニリーバ(イギリス)

2位:キャンベル・スープ・カンパニーアメリカ)

3位:ネスレ(スイス)

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

ユニリーバ

 

 

f:id:mudachishiki4510:20240521071708j:image

 

 

ユニリーバとは、イギリス・ロンドンに本拠を置く世界有数の一般消費財メーカー。

食品・洗剤・ヘアケア・トイレタリー等の家庭用品を製造・販売する多国籍企業

戦後から世界進出に積極的であり、現在世界180ヶ国以上に支店網を擁する。

イギリスの石鹸会社「リーバ・ブラザーズ」と、オランダのマーガリン会社「マーガリン・ユニ」が、1930年「ユニリーバ」として経営統合した。

 

 

 

 

 

キャンベル・スープ・カンパニー

 

 

f:id:mudachishiki4510:20240521071727j:image

 

 

キャンベル・スープ・カンパニーとは、アメリカ合衆国のスープ缶と関連する他の製品を製造・販売する食品製造社である。

商号であるキャンベルズの略称でも親しまれ、製品は世界120ヶ国で販売されている。

ニュージャージー州カムデンに本社を置く。

日本ではキャンベルジャパン株式会社として、本社を東京都港区虎ノ門に構える。

代表取締役は沼野聡二(2006年現在)。

近年では非濃縮の特製スープ、乾燥スープミックス、グレイビー(肉汁ソース)を始めとするその取扱濃縮食品に加えて、より広範囲の食品全般を包括するまでに成長している。

ここ何年かの間に、キャンベルズフランコアメリカン、ペペリッジ・ファーム、ヴラシック、スワンソン、ミセス・ポールズ、プレゴ、ゴディバ、マリーズといった、他のアメリカの業種買付を行ってきた。

ミセス・ポールズとヴラシックはピナクルフーズに売却されている。

企業情報によれば、1994年時点での売上上位3製品はチキン・ヌードル、クリーム・オブ・マッシュルーム、トマトであり、消費者は一年毎に凡そ25億個ものスープ缶を購入していると言う。

日本においては、キャンベル・ジャパンと清水食品を通して日本向けに味を調整した製品が数種類発売されている他、都市部の輸入食料品店ではオリジナルの各種スープが販売されている。

また、沖縄県では米軍統治時代から家庭の常備食として広く親しまれており、特定の銘柄については米国と殆ど変わらない価格(1缶数十円程度)で購入することが可能である。

なお、1994年3月から2002年7月31日まではミツカングループとの合弁企業「キャンベルナカノ」が販売を担当していた。

 

 

 

 

 

ネスレ

 

 

f:id:mudachishiki4510:20240521071752j:image

 

 

ネスレとは、スイスのヴヴェに本社を置く世界最大の食品・飲料会社。

ミネラルウォーターやベビーフード、コーヒー、乳製品、アイスクリームなど多くの製品を取り扱っている。

スイス証券取引所上場企業。

日本法人はネスレ日本株式会社。

イギリスでは20世紀の間「Nestle's」を「Nessels」として宣伝していた為、現在でも一部で「ネスレ・ミルクバー」等において「ネスレ」を「ネッスル」のように発音することがある。

日本では1994年に、社名を「ネッスル日本」から「ネスレ日本」に変更している。

ドイツ語で nestle は「鳥の巣」を意味する。

「鳥の巣」が同社のトレードマークとなっているのは、その為である。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

ここでも、ユニリーバネスレの名前が出てきますね。

スープは、温かい気持ちになれるので、飲みたくなりますね。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!