いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

世界のデータセンター運営会社の市場シェアベスト3って何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、世界のデータセンター運営会社の市場シェアベスト3について紹介したいと思います!

 

世界のデータセンター運営会社の市場シェアベスト3とは、

1位:エクイニクス(アメリカ)

2位:デジタル・リアルティ(アメリカ)

3位:日本電信電話(日本)

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

エクイニクス

 

 

f:id:mudachishiki4510:20240512111546p:image

 

 

エクイニクスとは、データセンターの保有・リース及び関連サービスを行う多国籍企業

アメリカ合衆国カリフォルニア州・レッドウッドシティに本拠を置き、世界24ヶ国、約200ヶ所にデータセンターを保有している。

NASDAQ上場企業。

2015年1月にREITに転換した。

1998年、ディジタル・イクイップメント・コーポレーションの施設管理者であったアル・エイブリーとジェイ・アデルソンによって設立された。

データセンターのプラットフォームビジネスを志向し、2007年に英独仏などヨーロッパ主要国でデータセンターを運営していたIXEurope plcを買収、2010年にはフロリダ州に本拠を置いていた同業のSwitch and Data Facilities Company Inc.を買収し、企業規模を飛躍的に増加させた。

地理的な拡大はその後も続き、2012年に中東地域に進出、2014年にブラジルのデータセンター運営事業者であるAlogの全株式を買収した。

2015年5月、ロンドンに本拠を持つTelecity Group plcを買収することで、ヨーロッパにおいてもデータセンター最大手となった。

2015年4月より、定期的な配当の提供により株主価値を高める目的で、REIT不動産投資信託)に事業形態を転換した。

以降もベライゾン・コミュニケーションズからデータセンターを買収する等、企業規模の拡大を続けている。

地域別の売上としては、南北アメリカが約5割、ヨーロッパ及び中東が約3割、アジア太平洋地域が約2割となっている。

 

 

 

 

 

デジタル・リアルティ

 

 

f:id:mudachishiki4510:20240512111708p:image

 

 

デジタル・リアルティとは、データセンターの保有・リース及び関連サービスを行う不動産投資(REIT)・管理会社。

アメリカ合衆国カリフォルニア州・サンフランシスコに本拠を置き、世界14ヶ国、210ヶ所以上にデータセンターを保有している。

ニューヨーク証券取引所上場企業。

2004年、サンフランシスコのプライベート・エクイティ・ファンドであるGIパートナーズが、孤立していた21のデータセンター資産を取得し1つの企業で安定した運用を行う目的で設立し、11月に株式上場を行った。

2005年にアムステルダムジュネーヴの資産を取得しヨーロッパ大陸に進出、2007年3月にGIパートナーズがデジタル・リアルティの全ての株式を売却し、資本上の独立を果たした。

2010年にシンガポールの資産を買収しアジアに進出、2015年10月、同業のTelxを買収、2016年5月、同業のエクイニクスからフランクフルト等、ヨーロッパの8つのデータセンターを買収、2017年9月、ワシントンD.C.に拠点を置く同業のDuPont Fabrosを併合、2018年12月、ブラジルの同業Ascentyを買収した。

地域別の売上としては、北米が8割以上、ヨーロッパが約1割である。

米国内でも特にバージニア州北部地域が2割以上の割合となる最大の売上を持ち、シカゴ、シリコンバレー、ニューヨークを合わせて売上全体の過半数に達する。

売上面での最大の顧客はFacebook及びIBMであり、また競合のエクイニクスもデジタル・リアルティの主要顧客の1つとなっている。

 

 

 

 

 

日本電信電話

 

 

f:id:mudachishiki4510:20240512111746j:image

 

 

日本電信電話とは、東京都千代田区大手町に本社を置く、日本の電気通信事業者である。

通称はNTT。

同社を持株会社として電気通信事業をはじめとする企業集団のNTTグループを構成している。

日本電信電話株式会社等に関する法律(昭和59年法律第85号)(通称「NTT法」)に基づき、日本電信電話公社(旧電電公社)の民営化に伴い1985年に設立された特殊会社で、同法により「東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社がそれぞれ発行する株式の総数を保有し、これらの株式会社による適切かつ安定的な電気通信役務の提供の確保を図ること並びに電気通信の基盤となる電気通信技術に関する研究を行うことを目的とする株式会社」であると定められている。

同法の規定により、発行株式の3分の1強を日本国政府保有する。

日経平均株価及びTOPIX Core30、JPX日経インデックス400の構成銘柄の1つ。

現在のNTTはNTTグループの経営統括機能と、規模・技術的にも世界屈指のNTT研究所を擁する研究開発部門から成る。

特に、NTTの研究開発部門はグループ企業の事業用技術開発だけに留まらず、通信分野の技術標準化、学術研究、オープンソースソフトウェアにも大きく貢献している。

NTTグループの主力事業は大別して「総合ICT事業」、「地域通信事業」、「グローバル・ソリューション事業」である。

それらと比較して小規模ではあるものの不動産都市開発事業やエネルギー事業なども準主力となっている。

発足当初は固定電話による収益に依存していたが、現在はNTTドコモを中心とした移動体通信事業(携帯電話)が営業利益の7割を占めている。

バブル景気の為、1987年(昭和62年)から1991年(平成3年)まで、NTTは時価総額で世界最大の企業であった。

国際電気通信連合のセクターメンバーである。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

NTTがランキングに入っていますね。

日本電信電話自体が何をしているかはあまり分からなかったので、非常に勉強になりました。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!