いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

バミューダトライアングルって何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、バミューダトライアングルについて紹介したいと思います!

バミューダトライアングルとは、大西洋にある3つの場所を結んだ三角形の海域で、古くより船や飛行機、もしくは、その乗務員のみが跡かたなく消える事故が多発していました。

 

バミューダトライアングルの3つとは、

フロリダ半島

プエルトリコ

バミューダ諸島

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

フロリダ半島

 

 

f:id:mudachishiki4510:20211020063544p:image

 

 

フロリダ半島とは、アメリカ合衆国大西洋岸の南端に突出して、大西洋とメキシコ湾とを分ける半島。

約 250kmの幅で、北西から南東に約 700kmに及んでいる。

輪郭は比較的単調であるが,沿岸州やサンゴ礁の発達によって海岸線は複雑である。

新しい地層から成り、北部は丘陵地、中部以南は第四紀の粘土及び砂層に覆われた台地、または平地で、土壌は痩せている。

中南部のオキーチョビー湖をはじめ、大小3万余りの湖があり、州南部にはエバーグレーズの大湿地帯がある。

半島の南端から南西に向かって、フロリダキーズの列島が延びている。

ほぼ北緯 25°から 30°の間にあり、亜熱帯性の気候で南端部ではココヤシ等の熱帯植物が生育する。

熱帯性低気圧ハリケーンの襲来も頻繁である。

 

 

 

 

 

プエルトリコ

 

 

f:id:mudachishiki4510:20211020063605p:image

 

 

プエルトリコとは、正式名称は英語ではコモンウェルスオブプエルトリコスペイン語ではプエルトリコ自由連合州。

西インド諸島中部にあるアメリカ合衆国自治領。

首都サンフアン。

大アンティル諸島東端部にあるプエルトリコ島と周辺のビエケス、クレブラ、モナ等の付属島から成る。

プエルトリコ島は東西に長い山がちな島で、南寄りを東西にセントラル山脈が延びる。

最高峰プンタ山(1338m)。

山脈の北斜面は比較的緩やかで台地に続くが、南斜面は狭い海岸平野に向って急傾斜を示す。

熱帯気候区に属するが、東ないし北東から吹く貿易風の影響で概して快適。

年降水量は約 2000mmであるが、山脈が障壁となって地域差が大きく、風上の北東部には熱帯雨林が繁茂するが、風下の南西部では半乾燥地の植生となる。

住民の大部分はスペイン系とアフリカ系黒人の混血で、先住民であったインディオの要素も、特に山地住民等に残っている。

公用語は従来英語とスペイン語であったが、1991年、スペイン語のみとなった。

コロンブスが 1493年に「発見」、1508年、スペイン人が上陸、サンフアンの近くに最初の町を建設。

当初金採掘、後にサトウキビ栽培が盛んとなったが、本格的な開発は 18世紀後半以降で、1830年以降プランテーション経済が発展。

独立を求めた1868年の反乱はスペイン軍に鎮圧されたが、1897年、自治権獲得。

しかし、アメリカ=スペイン戦争の結果、1898年、合衆国領となり、自治権は奪われ、政治的に後退。

経済的には合衆国市場を得て砂糖産業が発展し、人口も急増。

1917年、合衆国の市民権が与えられ、1948年、知事公選制導入。

1952年、自治領として合衆国と連合するコモンウェルスになった。

政治的地位を巡っては、一時は独立派の活動が活発であったが、1980年代以降は現状維持派と州昇格派の間で議論がなされている。

1940年代から工業化が推進された結果、従来の農業に代わって工業が最大の収入源となった。

主要工業は石油化学、金属加工、電気製品、化学、食品等。

農業ではサトウキビ、タバコ、コーヒー、パイナップル、ココヤシ等の栽培の他、酪農、畜産も発展して来ている。

観光業も重要な収入源。

鉄道もあるが、島内交通は自動車交通が中心で、道路網が発達。

島外と結ぶ海運、空運が発達している。

面積 9104㎢。

人口 371万6000(2011年推計)。

 

 

 

 

 

バミューダ諸島

 

 

f:id:mudachishiki4510:20211020063626p:image

 

 

バミューダ諸島とは、旧称ソマーズ諸島。

大西洋北西部にある島群。

イギリスの属領。

アメリカ合衆国東岸、ノースカロライナ州のハッテラス岬の東南東約 1000km沖合に位置する。

北東-南西方向に約 30kmに渡り釣針形を成して連なる約 300の島嶼岩礁から成るが、人が住む島は 20程に過ぎない。

首都ハミルトンのある主島(大バミューダ島)の他、主な島はセントデービッズ、セントジョージズ、サマーセット等で、これらは道路橋により結ばれている。

サンゴ礁の島としては世界の北限に位置する。

地形は全体に丘陵性で、最高点は 79m。

1515年、スペイン人 J.ベルムデスにより「発見」されたと言われ、1609年、イギリスの提督 G.ソマーズが難船して定住するまで無人島であった。

1684年、イギリスの直轄植民地となり、18世紀には海軍基地が置かれた。

現在はイギリス海軍基地施設は殆ど撤去され、代わってアメリカ合衆国の海・空軍基地が置かれている。

気候や風光に恵まれていることから 19世紀末より観光客が訪れるようになり、現在観光業が最も重要な産業となっている。

他に小型船舶建造、船舶修理、医薬品、香料等の工業があるが、何れも小規模で、政府は軽工業の振興を図っている。

面積 54㎢。

人口 6万5300(2011年推計)。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

このような地域が存在するのですね。

バミューダ諸島は、聞いたことはありましたが、どのようなところなのかは知らなかったので、勉強になりました。

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!