いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

日本三大曳山祭って何?

 

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、日本三大曳山祭について紹介したいと思います!

曳山とは、飾り物を据えた山車のことです。

これは、日本三大美祭とも言われます。

 

日本三大曳山祭に選ばれたのは、

高山祭岐阜県高山市

秩父夜祭ちちぶよまつり)(埼玉県秩父市

祇園祭京都府京都市

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

高山祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210301072414j:image

 

 

高山祭とは、岐阜県高山市日枝神社山王祭と呼ばれる春祭り(4月14~15日)と、桜山八幡宮の八幡祭と呼ばれる秋祭り(10月9~10日)。

高山の町は、川を境に南は山王社(日枝神社)の氏子、北は桜山八幡(八幡神社)の氏子となっている。

それぞれの祭りには、からくり人形等が乗り「動く陽明門」とも称される豪華な屋台が、春は12基、秋は11基出され、氏子区域を引き回されることで知られる。

どちらの祭りでも、屋台行列の先頭には神楽台と呼ばれる太鼓を載せた屋台が進み、囃子を奏する。

それぞれの神社から出る神輿の行列も特色があり、徳兵衛獅子と呼ばれる獅子舞や、鉦と締太鼓の音頭からカンカコカンの名で親しまれている闘鶏楽と言った、飛騨地方独特の芸能を見ることができる。

屋台行事は国の重要無形民俗文化財に指定されており、2016年、「山・鉾・屋台行事」の1つとして、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の世界無形遺産に登録された。

 

 

 

 

 

秩父夜祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210301072434j:image

 

 

秩父夜祭とは、埼玉県秩父市秩父神社で12月3日に行われる例祭。

午前中の例祭の後、夜に神輿や神馬等の神社の行列に続いて、秩父旧市内各町から出された屋台と笠鉾が神社から「お花畑」の御旅所に向かう。

屋台は4台で、近世以来の町場である宮地、上町、中町、本町が出し,笠鉾は2台で、農村部だった中近と下郷が出す。

屋台を出す町は、毎年順番で屋台に張り出し舞台を付けて歌舞伎を上演する。

笠鉾は、土台から長い柱を立てて3層の笠を掛け、上部から花飾りを放射状に付けたもので、神の依代としての性格を持つ。

笠鉾の花飾りは、五穀豊穣の守りともされている。

屋台行事は、秩父神社の神楽とともに国の重要無形民俗文化財に指定されており、2016年、「山・鉾・屋台行事」の1つとして、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の世界無形遺産に登録された。

 

 

 

 

 

祇園祭

 

 

f:id:mudachishiki4510:20210301072456j:image

 

 

祇園祭とは、京都府京都市南東部、東山区に鎮座する八坂神社の例祭。

7月1日の吉符入から31日の境内社疫神社の夏越祓まで 1ヶ月に渡る大祭で、17日の33基の山鉾巡行で知られる。

もとは旧暦6月の祭りで、祇園御霊会または祇園会と呼ばれてきた。

御霊会とは、この世に恨みを残して亡くなり疫病等の祟りを起こすと考えられた死者の霊(御霊)を鎮める祭りで、社伝によると、清和天皇貞観11年(869年)に疫病の流行を鎮める為に日本中の国数と同じ66本の鉾を立てて牛頭天王を祀り、神泉苑に神輿渡御を行ったのが始まりとされる。

平安時代には神輿の御旅所への渡御とそれに供奉する田楽等の行列の祭りであったが、室町時代初期頃に山や鉾が登場し始め、江戸時代には33基の山鉾に固定した。

祭りは3基の神輿が四条御旅所に渡御する17日夕刻の神幸祭と、神輿がそれぞれ別の経路で還御する24日夕刻の還幸祭を中心に行われ、17日の午前中に山鉾巡行、24日の午前中に花傘巡行がある。

17日(旧暦 6月7日)を前祭、24日(旧暦 6月14日)を後祭と呼び、山鉾は前祭に23基、後祭に10基と分かれて巡行していたが、1966年以降前祭に全ての山鉾が巡行し、後祭には花傘巡行を行うようになった。

山鉾巡行の前夜(宵山)には、各山鉾町内の旧家で通りに面して屏風を並べる習慣があり、屏風祭の名がある。

山鉾行事は1979年に国の重要無形民俗文化財に指定され、2009年には国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の世界無形遺産に登録されたが、2016年に「山・鉾・屋台行事」の1つとして、他の32の祭りとともに一括登録された。

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

高山祭秩父夜祭は、知りませんでした。

祭りに関しては、あまり詳しくないので、これから勉強していきたいと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!