いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

日本三大映画会社って何?

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、日本三大映画会社について紹介したいと思います!

 

日本三大映画会社に選ばれたのは、

東宝

東映

松竹

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

東宝

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200427160007j:image

 

 

東宝とは、映画,演劇の制作,配給,興行会社。

1932年に阪神急行電鉄(阪急電鉄)の小林一三が株式会社東京宝塚劇場を設立。

1934年東京宝塚劇場日比谷映画劇場,1935年有楽座をそれぞれ開場,以降全国に劇場を建設した。

1936年日本映画劇場を吸収合併し,東宝映画配給を設立。

1937年東横映画劇場を吸収合併し東宝映画を設立。

1943年東宝映画を合併して現社名に変更し,映画の制作,配給,興行および演劇興行の総合的一貫経営を行なった。

1945年梅田映画劇場,南街映画劇場を合併。

1954年映画『七人の侍』(黒沢明監督),「ゴジラ」シリーズ第1作を公開。

以後「若大将」シリーズ,「ドラえもん」シリーズなどを世に送った。

演劇では,松竹に対抗して 1957年劇団東宝現代劇,1961年 8世松本幸四郎らを迎えて東宝劇団を発足させた。

劇場は 1957年に芸術座を開場,『放浪記』(1961初演),『細雪』(1966初演)などを上演し人気を博したほか,帝国劇場でも『屋根の上のヴァイオリン弾き』(1967初演。屋根の上のバイオリン弾き),『ラ・マンチャの男』(1969初演)などでロングランを記録した。

1970年代以降は映画制作を大幅に縮小し,テレビドラマの企画・制作に転じた。

また映画館跡地を活用した不動産経営に着手し,ビルの賃料などで経営を下支えするようになった。

2006年映画興行部門を分離し,TOHOシネマズに事業承継。

2011年国際放映,2013年東宝不動産東宝東和を完全子会社化。

 

 

 

 

東映

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200427160047j:image

 

 

東映とは、東映株式会社の略で、 1951年東横映画,大泉映画,東京映画配給株式会社の3社が合併して発足した映画会社。

54年から東映娯楽版と称する中編劇映画を加えた2本立て興行を採用,中村錦之助東千代之介ら若手スターが登場して少年ファンの圧倒的な人気を得,興行的にも大当りを取り経営は安定した。

以後,時代劇で人気を集めたが,現代劇でも社会的題材を扱った『米』『どたんば』 (ともに 1957) などの意欲的作品を生んだ。

57年には日本初のシネスコ『鳳城の花嫁』を制作,60年には第二東映 (のちにニュー東映) という新配給系統を設立したが2年足らずで解消。

63年『人生劇場・飛車角』のヒットを皮切りに,任侠映画が新しい主流となった。

54年東映教育映画部,56年東映動画部,62年には東映歌舞伎を発足させ,75年には京都撮影所内に太秦映画村を開村,劇界の注目を集める一方,テレビ映画などの多角経営も行なっている。

事業構成は,制作配給 22%,興行 10%,テレビ 23%,ビデオ 19%,観光・不動産 22%ほか。

年間売上高 899億 7300万円,資本金 117億 700万円,従業員数 550名 (1996) 。

 

 

 

 

松竹

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200427160110j:image

 

 

松竹とは、演劇,映画,各種演芸の興行会社で,東宝と並ぶ大興行資本。

白井松次郎大谷竹次郎兄弟が京都の阪井座の経営に着手,1902年松竹合名会社を設立。

その後,京都南座を直営にし,東京の新富座を買収,大阪の浪花座,中座,角座,朝日座,文楽座なども買収して主要劇場のほとんどを入手。

一方,新派俳優全部,関西の歌舞伎俳優全部,東京の歌舞伎俳優の7割以上を翼下に収め,20年には松竹キネマ合名会社 (1921年,株式会社) を発足させて,劇界支配をほぼ成就した。

37年社名を松竹株式会社とする。

大衆娯楽の提供,歌舞伎,文楽などの伝統演劇の保存,育成に果した役割は大きい。

映画はおもにメロドラマで戦前,戦後王座を占めたが,65年以降不振となり,69年から『男はつらいよ』を中心とした喜劇物に安定をみせた。

95年 10月大船撮影所内に鎌倉シネマワールドを開設したが,99年には閉鎖した。

事業内容は,演劇 47%,邦画 15%,事業 13%,洋画 10%,ビデオ9%,テレビ3%,シネマワールド3%。

年間営業収入 563億 3500万円 (連結。うち輸出1%) ,資本金 185億 1600万円,従業員数 636名 (1999) 。

 

 

 

 

如何でしたか?

 

ゴジラ』や『男はつらいよ』も、これらの会社によって提供された作品なんですね。

ゴジラ』と言えば、私は『シンゴジラ』が大好きなんです。

災害対策という意味では、今見るべき映画だと思います。

皆さんにも1度観て頂きたいと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

 

日本三大重工業メーカーはこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/04/12/120646