いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

世界三大夜景って何?

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、世界三大夜景について紹介したいと思います!

 

世界三大夜景に選ばれたのは、

香港

函館

ナポリ

の3つです。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

香港

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200411103009j:image

 

 

香港とは、中国南東部、コワントン(広東)省のシェンチェン(深圳)特別市に接する特別行政区

普通話では「シヤンカン」と発音する。

1997年6月30日までイギリス直轄植民地 Crown Colonyで、国王の任命する総督が統治していた。

カオルーン(九竜)半島、ランタオ島大嶼島、大濠島)、香港島、ランマ島などからなる。

政治的には、中国から南京条約(1842)で割譲された香港島、北京条約(1860)で割譲されたカオルーンと、1898年に 99年間の期限で租借したニューテリトリーズ(新界)に分かれる。

花崗岩の山地が多く、植生は貧弱。

熱帯季節風気候の北端にあたり、月平均気温は約 16℃(1月)~29℃(7月)。

年降水量は1300mmで 5~8月に集中し、8月には台風の通過が多い。

イギリスの中国進出の拠点となり、ビクトリアは自由貿易港として中継貿易で発展してきた。

1949年中華人民共和国の成立に前後して、シャンハイ(上海)の紡績資本を中心に資本の流入があり、また多数の中国人の移住もあって軽工業が発達した。

中国とイギリスは 1982年以降、香港返還をめぐる交渉を重ね、1984年12月に共同声明(香港返還協定)に調印、1997年7月1日をもって香港全土は中国に返還された。

香港基本法に基づき、返還後 50年間は、資本主義体制と高度な自治が維持されることになっている(一国二制度)。

1972年以後、外国資本の投下が盛んになり、工業地域は香港島北岸、カオルーンとその周辺から、ニューテリトリーズのツェンワン、シャティンなどにも広がった。

また旧香港政庁のニュータウン計画によって、大規模な住宅団地、道路、地下鉄の建設も進んだ。

工業は紡織、縫製を中心に電子、プラスチック製品、精密機械、電器、造船などが盛んで、輸出総額の 90%以上を占める。

1979年からは中国のコワントン省、フーチエン(福建)省などに合弁企業が設立され、華南への物資や観光客の中継地としての役割も強まっている。

世界各国からの金融機関が集中し,シンガポールと並ぶ東南アジアの金融センターとなっている。

「東洋の真珠」と呼ばれる都市景観、亜熱帯の風物、中国情緒などによって、観光客も数多く訪れている。

公用語は中国語であるが、人口の 98%を広東人が占め、日常生活では広東方言が使われている。

面積1104㎢。

人口 743万4000(2018推計)。

 

 

 

 

 

 

函館

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200411103024j:image

 

 

函館とは、北海道南西部、渡島半島南東部の亀田半島の大半を占め、津軽海峡に臨む中核市

渡島総合振興局の所在地。

1922年市制。

1939年湯川町、1966年銭亀沢村、1973年亀田市を編入

2004年戸井町、恵山町椴法華村南茅部町編入

中心市街地は函館平野の東部を占め、西部は函館湾に面する。

安政6(1859)年、前年に結ばれた安政五ヵ国条約により貿易港として開港。

1908年鉄道連絡船の就航により船車連絡港、さらに北洋漁業の基地として発展した。

港湾商工都市。

北洋母船式漁船団の集結港として知られているが、漁業制限水域の拡大に伴ってその機能低下が著しい。

渡島半島を商圏とし、工業は造船、石油精製、化学肥料、漁具、漁網、水産加工などの業種が立地。

亀田半島沿岸の漁業集落ではイカ釣り、コンブ採取などが行なわれる。

中心市街地は道南の観光基地で、昼夜の展望に優れた函館山のほか、船見町の外国人墓地、元町の旧函館区公会堂、ハリストス正教会、青柳町函館公園市立函館博物館、住吉町の住吉町遺跡など函館山麓の山手には数多くの歴史的建物と異国情緒豊かな古い町並みが残存している。

なお北郊には国の特別史跡五稜郭跡、国指定史跡の四稜郭が、東部には国指定史跡の志苔館跡がある。

湯川にはトラピスチヌ修道院トラピスト修道院の女子部)や湯の川温泉がある。

市の北部から東部にかけての地域は恵山道立自然公園に指定されている。

JR函館本線の起点。

国道5号線、228号線、278号線などが通る。

面積 677.86㎢。

人口 26万5979(2015)。

 

 

 

 

 

 

ナポリ

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200411103036j:image

 

 

ナポリとは、イタリア南部、チレニア海のナポリ湾北岸に臨む都市。

カンパーニア州の州都。

ナポリ県の県都でもある。

ギリシア人の植民都市ネアポリス (新しい都市の意) として建設され、ローマ時代には皇帝の保養地となった。

ビザンチン帝国の支配を経て独立し、9~10世紀には、ナポリ艦隊がサラセン人との戦いに活躍。

その後、ノルマンやフランス、スペイン、オーストリアなどの支配を受けたが、ナポリ王国あるいは両シチリア王国の首都が置かれ、イタリア南部の中心都市となった。

イスキア、カプリなどの島に保護された良港をもつ、典型的な地中海性気候の都市で、オレンジ並木、サンタルチア海岸、カステル・ヌオーボ城 (13世紀) 、王宮 (1651) 、オペラの殿堂サンカルロ劇場 (1737) 、200以上の聖堂、大聖堂などを擁する旧市街は 1995年世界遺産文化遺産に登録された。

国立考古学博物館は、特にポンペイ遺物の収集で知られる。

沖合いのカプリ島や東方ベズビオ火山などの観光地めぐりの基地でもある。

港を中心にナポリ大都市圏が形成されており、製鉄、精油、化学、自動車、航空機、食品加工などの工業も盛ん。

肥沃なカンパーニア平野を控えて、ムギ類、果実 (オリーブ、オレンジなど) を集散。

イタリア第2の貿易港で、おもに食料品を輸出し、工業原料を輸入する。

1980年11月 23日地震により大きな被害を受けた。

人口 95万9574(2011推計)。

 

 

 

 

 

 

如何でしたか?

 

函館は、日本三大夜景にも選ばれてましたね。

ナポリの夜景は、写真含めて初めて見たので、とても綺麗なところだと感じました。

また、世界遺産や遺跡も沢山あるので、機会があれば1度行ってみたいと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

 

日本三大夜景はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/03/09/233127

 

 

日本三大夕日はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/04/25/220228

 

 

日本三大工業地帯はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/04/02/190825