いつか役に立つかもしれないムダ知識

生きていく上では必要ではない雑学や知識を投稿していきます。クイズなどにも役立つかもしれません。

世界三大喜劇王って誰?

 

 

こんにちは!

 

 

今日は、世界三大喜劇王について紹介したいと思います!

 

喜劇とは、劇の1つの型。

ギリシア語のコモイディアkōmōidiaに語源をもつ。

この語は行列、酒宴を意味する kōmōsと、歌を意味するオイデoidēが結びついてできたものである。

豊穣の神ディオニュソスの祭りの際、人々が陽気で風刺的な歌を即興でうたいながら練り歩いたことが喜劇の母胎となったものと思われる。

悲劇の対立概念で、悲劇がだいたいにおいて主人公の死で終るのに対し、喜劇は幸福な結末 (結婚など) をもつ。

また、悲劇が歴史上の人物や高貴な人物を登場させるのに対し、喜劇の人物は同時代の庶民であることが多い。

喜劇は人間の性格や行動、社会のあり方などを批判的に描いて観客の笑いを誘うことをおもな目的とする。

ギリシアではアリストファネスの風刺喜劇が、ローマでは,社会の風習や家庭生活に題材をとり、恋の葛藤などをからませたプラウツスやテレンチウスの喜劇が盛んであった。

特にローマ喜劇は、ルネサンス以後のヨーロッパ諸国の喜劇に大きな影響を与えている。

狭義の喜劇は、特に精神的、知的な笑いを誘うものをさし、外面的、肉体的な笑いに頼る笑劇 (ファルス ) と区別される。

現代においては、悲劇的な笑いを誘うブラック・コメディーも現れている (不条理演劇 ) 。

 

世界三大喜劇王に選ばれたのは、

チャールズ・チャップリン

バスター・キートン

ハロルド・ロイド

の3人です。

 

それぞれ簡単に紹介したいと思います!

 

 

チャールズ・チャップリン

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200408222353j:image

 

 

チャールズ・チャップリンとは、イギリス生まれの喜劇俳優、監督、制作者。

本名 Charles Spencer Chaplin。

1913年巡業先のアメリカで M.セネットと契約を結び、以後数多くの短編喜劇映画に出演、またみずから監督し、山高帽とちょびひげにどた靴という独特の扮装で、一躍世界の人気者となった。

『独裁者』 The Great Dictator (1940) ではナチズムを痛烈に諷刺した。

アメリカの反共主義の風潮を逃れて 1953年からスイスに移住。

代表作『移民』 The Immigrant (1917) 、『犬の生活』A Dog's Life (1918) 、『担え銃』 Shoulder Arms (1918) 、『キッド』 The Kid (1921) 、『黄金狂時代』 The Gold Rush (1925) 、『サーカス』 The Circus (1928) 、『街の灯』 City Lights (1931) 、『モダン・タイムス』 Modern Times (1936) 、『殺人狂時代』 Monsieur Verdoux (1947) 、『ライムライト』 Limelight (1952) 。

1975年イギリス王室よりナイトに叙せられ、サーの称号を受けた。

 

※山高帽とは、帽子の一種。

19世紀初頭、イギリスの W.ボーラーがつくったところからボーラーハット、あるいはダービーの行われる競馬場から流行したことからダービーハットの呼称もある。

堅いフェルトを素材に、頭頂を高く丸くし、縁の両脇を軽く巻上げるようにしたもの。

男女とも乗馬や狩猟などの際に用いた。

明治になって日本にも流入し、山高帽と呼ばれ、その黒地のものは、紋付、袴の和装、フロックコートモーニングコートの洋装のいずれの正装にも用いられた。

 

 

 

 

バスター・キートン

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200408222406j:image

 

 

バスター・キートンとは、アメリカの喜劇俳優

本名 Joseph Francis Keaton。

幼時から寄席に出演。

1917年からロスコー・アーバックルの喜劇映画に出演後、笑わない喜劇俳優としておもに無声時代に活躍した。

主演作品『恋愛三代記』 (1923) 、『忍術キートン』 (1924) 、『キートン将軍』 (1927) など。

『ライムライト』 (1952) では C.チャップリンと共演した。

 

 

 

 

ハロルド・ロイド

 

 

f:id:mudachishiki4510:20200408222529j:image

 

 

ハロルド・ロイドとは、アメリカの喜劇映画俳優。

1912年映画界に入り、17年以後トレードマークのロイド眼鏡とカンカン帽を着け、アメリカ的な青年気質をコメディーに表現して人気を得た。

サイレント喜劇映画の黄金時代をつくった1人。

主作品『要心無用』 (1923) 、『ロイドの人気者』 (25) 。

 

※カンカン帽とは、麦わらでできた堅い凸型の、一般には男子用の夏の帽子。

堅くてたたくとかんかんと音がすることに由来すると思われる日本名。

英語ではスキマー skimmer (網じゃくしの意) といい、元来は船乗りやボート漕ぎの際に用いられた。

形が網じゃくしに似ているところから、イートン校の学生たちがそう呼んだもので、日本では第2次世界大戦前まで盛夏用の典型的な帽子であった。

 

 

 

 

如何でしたか?

 

チャップリンは知っていましたが、キートンとロイドは初めて知ったので、とても勉強になりました。

3人の作品についても、今度観たいと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難う御座いました!

 

 

 

 

世界三大美人はこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/05/07/180229

 

 

世界三大レクイエムはこちら

https://mudachishiki4510.hatenablog.com/entry/2020/04/16/111734